Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メッシ移籍問題が急展開…代理人の父親が会談後にバルセロナ残留可能性を認める?!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

サッカー界のスーパースター、リオネル・メッシの移籍問題に新展開があった。メッシの父親で代理人でもあるホルヘ・メッシ氏が3日(日本時間4日)、スペインのテレビ局である「デポルテ・クアトロ」の直撃インタビューを受け「アルゼンチンのエースがカンプノウに残る可能性があるのか?と問われ「イエス」と返答。バルトメウ会長との会談はどうだったのか?の質問に「ベリーグッド」と語り、メッシがバルセロナに残留する可能性を認めた。  ホルヘ氏は、メッシの兄ロドリゴ氏、弁護士のホルヘ・ぺクール氏を伴い2日(日本時間3日)、スペインのバルセロナで、バルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長や役員のハビエル・ボルダス氏と会談を持った。移籍交渉は90分間行われ、メッシサイドは、移籍金なしでの退団の意思を伝え、バルセロナサイドは、まだメッシは契約下にあり、7億ユーロ(約880億円)の移籍金を支払わねば移籍を認めないとこの姿勢を変えずに両者の話し合いは平行線に終わった。  会談後には情報が錯綜。「決裂」、「膠着」、「平行線」などと伝えるメディアがある一方で「メッシ退団意向」の第一報をスクープしたアルゼンチンの「TyC Sport」は「90%残留の可能性が出てきた」と報道。一転、バルセロナ残留の可能性が高まったことを伝えた。  そして、一夜明けた、この日、メッシの父親が、残留の可能性を認めたのだ。  この衝撃発言を受けて英国の「ガーディアン」、「デイリースター」、「ザ・サン」、米国のCBSスポーツなど複数の海外メディアが一斉に「バルセロナ残留の可能性が排除されなかった」「メッシ父が残留の可能性を認める」などと残留の可能性を報じた。 「デイリー・スター」は、「イタリアのジャーナリストのタンクレディ・パルメリ氏によると、メッシは退団の意思があるにもかかわらず、もう1年バルセロナに残ることに合意した」とまで伝えた。  英国のガーディアン紙によると、バルセロナは、この会談で、もし一方的に退団しようとすれば、FIFAに訴え、最終的な解決を求める考えがあることを伝えたという。  またガーディアン紙は、移籍先の最有力候補と言わるマンチェスター・シティの動向についても触れ、「(マンチェスター・)シティに法廷闘争まで引き込まれる意志はなく、莫大な移籍金を支払うリスクを負うことも考えていない。彼らの希望は、メッシを移籍金なしで獲得するか、少なくとも移籍金の額が引き下げられることだ。(マンチェスター・シティは)メッシと連絡を取っているが、正式な契約オファーを提示してはおらず、彼とバルセロナの交渉が解決することを待たなければならない」と言及。  同紙は「今のところ膠着状態で、先行きは不透明だ。シティは当初から6度のバロンドール受賞者(のメッシ)と契約できるチャンスはあるが、それが容易なものであるとの錯覚は抱いていない。メッシはまだ公には何も話していないが、はっきりとした解決策がない以上、次の動きを決断しなければならない。その選択肢は限られ2021年まで残留する見込みが高まっている」という見解を示した。

【関連記事】