Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大阪府・吉村知事が定例会見8月5日(全文1)コロナ予防薬としての効果が立証されているわけではない

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 大阪府の吉村洋文知事は5日午後、定例会見を行った。 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「大阪・吉村知事「ポピドンヨードのうがい薬で、新型コロナの感染予防効果が立証されたわけではない」(2020年8月5日)」に対応しております。 【動画】大阪・吉村知事「ポピドンヨードのうがい薬で、新型コロナの感染予防効果が立証されたわけではない」      ◇     ◇

これはコロナの治療薬ではない

司会:ただ今から知事の記者会見を始めさせていただきます。最初に知事からお願いいたします。 吉村:まず私からです。昨日、発表、公表いたしましたポビドンヨードのうがい液を使った研究の成果について、もう一度、昨日も松山先生と共に発表をして、質問等を受けて説明いたしましたが、あらためて、一部誤解があるようなところも見受けられますので、説明をいたします。  まず今回の研究成果で明らかになったことです。これはコロナの治療薬というものではありません。明らかになったのはどういうことかっていうと、これまで唾液の中に多くコロナウイルスが存在するというのが分かっていた。その唾液が飛び交う環境で人にうつるということも分かっていた。その中で、このポビドンヨードを使ったうがい薬によってうがいをする群と、そして何もしない群とに分けて8日間の観察の研究を行った結果、口の中にあるコロナウイルスを、ポビドンヨードのうがい薬、これによって殺菌されて減少し、そしてある意味、陰性になっていくと、その速度が加速するということが研究の成果発表の内容です。

効果の有無を検証する段階に入る

 これを受けてどうするかというところですけど、何があるか、何が導かれるかということですけれども、1つは、大きな目標としまして、これは当然うがいですから軽症の陽性者、軽症・無症状の陽性者にするわけですけれども、そこから重症化することを防ぐ、その効果があるかないかを検証するという次の段階に入ると。重症化を防ぐ、その効果があるかどうか、これを次の大規模研究で1つやります。  つまり口の中にたくさんある、唾液の中にたくさんあるウイルスが喉を伝って肺に入る。それによって実は肺が重症化していくんじゃないかと、これが1つの、ここは推論ですけれども、それを防ぐことによって重症化を防ぐんじゃないか。重症化を防げば命を防げるんじゃないか、また医療従事者、医療の負担を防げるんじゃないか、軽減できるんじゃないか、これが1つの大きな次の研究目標です。  もう1つ、今回の研究成果から言えることは、僕も常に唾液を注意してくださいと言ってきました。唾液を介してこのウイルスというのがどんどん広がっていくというのも、これは事実です。であるならば、陽性になった人、あるいはそのリスクが高い人がこのポビドンヨードを使ったうがい薬を使うことで、口の中のウイルスが当然これは減っていくわけですから、人にうつすことを防ぐ、つまり感染拡大を防止する、それに寄与するんじゃないかと。それで府民の皆さんに呼び掛けをしたということがあります。ですので、大きくはその2つです。  もう1つ誤解されてはいけないことなんですが、このポビドンヨードを使ったうがい薬でうがいすることでコロナを予防できるわけではありません。ここは先日の記者発表のときもそうですけれども、予防効果があるということは、これは当然、そういうのは一切ないわけでして、そういうことも言ってませんし、予防効果があるわけでもない、それから治療薬でもないということを申してますが、ここもあらためて申します。予防薬ではありませんし、感染することを防ぐ効果が認められたわけではありません。そういう実験ではない。

【関連記事】