Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元3階級世界王者直伝の秘策あり?!那須川天心がメイウェザーにパンチを当てる公算はあるのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

大晦日に行われる格闘イベント「RIZIN.14」で元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(41、アメリカ)と3分3ラウンドのボクシングルールのエキシビションマッチを戦う天才キックボクサーの那須川天心(20、TARGET/Cygames)が18日、千葉県新松戸で公開練習を行った。米国ラスベガスにある元3階級世界王者のホルヘ・リナレス(33、ベネズエラ/帝拳)のジムで2週間のボクシングトレを積んできた天心はボクシング流ステップを披露。短期間でのキックからのモデルチェンジ成功に加え、反則スレスレのパンチなどメイウェザーを怒らせる秘策まで公開し「日本代表としてぶっとばしてやる」「蹴りたいくらい」という過激発言でモチベーションを高めた。ミットを持った元日本&東洋太平洋スーパーバンタム級王者で、現在、アマチュアジム「GLOVES(グローブス)」の代表である葛西裕一氏(49)は、その動体視力と吸収力は世界王者レベルにあると絶賛して熱いエール。メイウェザーが本当に来日するのかという不安は試合直前まで残るが、天心には、この試合を“茶番”とは呼ばせない覚悟がある。

“カエル跳び”に“裏拳”のキック流の秘策

 3分間のシャドーボクシング。リナレスのアドバイスで「グリップが効く」というレスリング用シューズを履いた天心は、キュッキュッと音を鳴らしながら華麗なステップを踏む。「ピボット」と呼ばれるボクシング流のステップ。サウスポースタイルからジャブ、ワンツー、左フックなどのスピーディーなパンチを繰り出し、突然、ぴょんとジャンプしてトリッキーな左ストレートを打った。  古い話で恐縮だが、その昔、2団体のスーパーウェルター級統一世界王者だった輪島功一氏が相手の度肝を抜くために繰り出した“カエル跳びパンチ”である。続いて葛西氏が相手を務めたミット打ちでは右のナックルではなく手の甲部分を使った裏拳のジャブ。ボクシングでは、ナックル以外の場所を使って打つことが禁じられている。反則スレスレのパンチである。 「ボクシングをするつもりはない、あっと驚かせる動きを見せたい。今日のパンチ?使います。持っているキックの技術も最大限に使ってやろうかなと思う」    一連のメイウェザーの態度は腹にすえかねている。来日して合同会見まで行いながら裏舞台を暴露して“卓袱台返し”をやりかけた。 「びっくりした、世界一になった男がそういうことを言うのか、と。そういう選手が世界一だとは思いたくない。それを変えるためにがんばるしかない」  米国で行われた記者会見でもボクシングルールのエキシビションであることを強調し「9分間のエンターテインメントを見せる」など、言いたい放題、やりたい放題。 「エキシビションということで逃げてるんじゃないか。アメリカでの公開練習でも舐めていた。日本代表としてぶっとばしてやりたい。蹴り?挑発をしてくるんで、一発蹴ってやりたいなあと思っている。でも駄目なんで(笑)。それくらいの気持ちでね」  現在、RIZINの統括本部長である高田延彦が1991年のUWFインター時代に元WBC世界ヘビー級王者、トレバー・バービックと異種格闘技戦を戦い、事前の打ち合わせルールを破ってローキックを見舞い戦意喪失に追い込んだこともある。

【関連記事】

最終更新:
THE PAGE