戦争の危機続く米国とイラン、平和的解決は可能!―日本も重要な立ち位置に

戦争の危機続く米国とイラン、平和的解決は可能!―日本も重要な立ち位置に

…の政界を牛耳ってきたのは、イラク人口の約6割を占めるイスラム教シーア派を支持層とする政治家達だ。彼らは、サダム政権時代はシーア派の総本山であるイランに…

1月10日(金) 11時49分-国際総合(志葉玲)

商業捕鯨が再開したけれど、「クジラの肉が圧倒的に足りない」、「高い」の理由

商業捕鯨が再開したけれど、「クジラの肉が圧倒的に足りない」、「高い」の理由

…今」、打っておかないと、『一部の層のノスタルジー食』のまま、高齢化による支持層減少と移行期間の補助金が切れた後、鯨食文化が途絶える危険性が十分にある。

2019年12月28日(土) 10時30分-社会(八木景子)

過去に弾劾されそうになった3大統領とトランプ氏との比較

過去に弾劾されそうになった3大統領とトランプ氏との比較

…れて四面楚歌へ陥り、支持率も暴落したわけでもないのが異なります。トランプ支持層は岩盤のように揺らいでいません。万一、共和党で反乱が起きてもエリートの塊…

2019年12月18日(水) 11時0分-国際総合(坂東太郎)

「NHKから国民を守る党」立花孝志さんの微妙な資金集め動画と、広告塔となる堀江貴文さんの蜜月

「NHKから国民を守る党」立花孝志さんの微妙な資金集め動画と、広告塔となる堀江貴文さんの蜜月

…見てみると、前回の参院選以降は勢いが低迷し始め、古くからの立花孝志さんの支持層以外は著名タレントの堀江貴文さんとのイベント対談の動画や堀江貴文さんのT…

2019年12月10日(火) 23時2分-政治(山本一郎)

米中の通商交渉の行方に暗雲か、通商交渉が怪しくなると矛先をFRBに向けるトランプ大統領

米中の通商交渉の行方に暗雲か、通商交渉が怪しくなると矛先をFRBに向けるトランプ大統領

…2020年に大統領選挙を控え、支持層の柱である農家を意識した格好だ」としている。  たしかに大統領選挙を意識し、支持層の柱である農家を意識した可能性は…

2019年12月4日(水) 9時59分-経済総合(久保田博幸)

「米中の通商交渉の行方に暗雲か」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年12月3日有料

「米中の通商交渉の行方に暗雲か」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年12月3日

…過去にも中国との貿易協議で成果を上げづらくなったトランプ政権が視線の先をFRBに向けさせたことがあった。どうも今回も同様の事例の可能性もあるのではなかろうか。

2019年12月3日(火) 10時42分-経済総合(久保田博幸)

アマゾンと東南アジアの森林の危機―日本のメディアが報じない本当の理由有料

アマゾンと東南アジアの森林の危機―日本のメディアが報じない本当の理由

…今年はアマゾンだけでなく、インドネシアでの山火事も深刻だった。インドネシアの環境破壊と日本との関係に詳しい川上豊幸さん、ブラジルの社会・環境事情に詳しい印鑰智哉さんに話を聞いた。

2019年11月29日(金) 21時43分-社会(志葉玲)

韓国国民の70%が「GSOMIA破棄中断」を評価! 世論調査で判明!

韓国国民の70%が「GSOMIA破棄中断」を評価! 世論調査で判明!

…論)」となっていただけに逆転現象となった。  今回の政府の決定に文政権の支持層である「参与連帯」や日本製品不買運動を主導している「安倍糾弾市民行動」な…

2019年11月26日(火) 9時17分-国際総合(辺真一)

「米国の圧力に屈した」!文政権のGSOMIA破棄中断に支持層が猛反発!

「米国の圧力に屈した」!文政権のGSOMIA破棄中断に支持層が猛反発!

…来ならば、文大統領の決断を真っ先に評価、支持してしかるべき「コンクリート支持層」は皮肉なことに今回は、反対の声を上げている。  破棄中断の一報が流れる…

2019年11月24日(日) 17時44分-国際総合(辺真一)

育児系雑誌の部数動向をさぐる(2019年7~9月)

育児系雑誌の部数動向をさぐる(2019年7~9月)

…、育児系だけに限らず、雑誌全般でも注目に値する堅調さを示していた。確かな支持層を確保し、信頼を得ることで口コミにより新たな読者層が逐次生まれ、さらにそ…

2019年11月24日(日) 9時4分-社会(不破雷蔵)