Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森田正光

森田正光

認証済み

気象解説者/気象予報士/ウェザーマップ会長

報告

この雲が巻雲である事はその通りだとおもいますが、「衛星画像でもうっすら捉える」 というのは、少し疑問があります。写真の撮影地は、さいたま市で13時頃となっています。 一方衛星画像は12時35分となっており25分のズレがあります。巻雲のような雲は変化が早いので見かけ上、似ていても時間が違えば同一とは限りません。また赤マルで囲んだ位置はさいたま市というより熊谷市とか鴻巣市など、もっと北の方だと思います。 それと、衛星に写った雲は大きさが10キロ以上の広がりを持っており、写真の雲とは大きさも雲質も違うように見受けられます。

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア

コメンテータープロフィール

森田正光

気象解説者/気象予報士/ウェザーマップ会長

1950年名古屋市生まれ。日本気象協会に入り、東海本部、東京本部勤務を経て41歳で独立、フリーのお天気キャスターとなる。1992年、民間気象会社ウェザーマップを設立。テレビやラジオでの気象解説のほか講演活動、執筆などを行っている。天気と社会現象の関わりについて、見聞きしたこと、思うことを述べていきたい。2017年8月『天気のしくみ ―雲のでき方からオーロラの正体まで― 』(共立出版)という本を出版しました。

関連リンク(外部サイト)

森田正光の最近のコメント