得能英司

弱視者の見ている世界―― 人生の途中で「白杖」を持つ

2017/7/4(火) 10:02 配信

神奈川県の視覚障がい者、渡辺敏之さん(46)は、全盲ではなく、「弱視者」だ。わずかな視力を頼りに、白杖(はくじょう)やスマートフォンを使いながら暮らしている。ところが、スマートフォンを操作していると、「白杖を持っている人は見えない人なんじゃないの?」「詐欺なんじゃないの?」という声が耳に入ってきた。その言葉に渡辺さんは何を思ったのだろうか。そもそも弱視者はどのような世界を見ながら日々を過ごしているのだろうか。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

障がいと社会 記事一覧(14)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。