塩田亮吾

人間の最後の尊厳を守る―― 「おくりびと」2世の眼差し

2017/3/2(木) 13:01 配信

映画「おくりびと」(2008年)には、納棺師の職に就いた夫を、妻が「触らないで!」と拒絶するシーンがあった。死に対する穢(けが)れの意識は私たちの中に抜きがたく存在する。死が日常から切り離されるに従い、かつては身近な人が行っていた納棺は、それを職業とする人の手に委ねられるようになった。映画の成功で職業としての納棺師は広く知られるようになったが、納棺という行為そのものは人間の死=エンディングの一部に過ぎない。死者と生者、双方にとってより良い「お別れの場」を求めて「おくりびとアカデミー」を立ち上げた一人の若者の姿を追った。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

ルポ・現場を歩く 記事一覧(20)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。