(写真提供:千種聾学校)

「二重の不安」をどう乗り越える――障がいのある学生の教育実習はまだ「黎明期」

2020/12/16(水) 17:45 配信

今年はコロナ禍で延期や中止が相次いだ教育実習。学生にとっては、教壇デビュー前の大事な実践の場だ。その教育実習に、聴覚に障がいのある学生が臨んだ。「緊張の連続でした」という経験から彼が得たものとは。また、文部科学省が掲げる「障がいのある教員の雇用」は今後進んでいくのか――。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

障がいと社会 記事一覧(21)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。