後藤勝

「通勤できない」車いす先生の悩み──障がいのある先生に必要な支援とは

3/31(火) 8:50 配信

障がい者雇用が進むなか、学校の先生にも障がいのある人が増えている。この10年ほどは毎年60人ほど採用されている。エレベーターやだれでもトイレの設置など校舎のバリアフリー化は進んだが、通勤や介助で悩む人は多い。車いすと全盲の先生を取材し、課題を探った。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

障がいと社会 記事一覧(20)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。