時事

大関・栃ノ心の「強さ」の源泉、「ワイン発祥の地」ジョージア

5/4(土) 9:34 配信

2018年1月に大相撲初場所で優勝を果たし大関に昇進した栃ノ心の出身地として、一躍有名になったジョージア(旧グルジア)。コーカサス山脈の南麓、カスピ海と黒海の間に位置し、北側ではロシア、南側ではトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接する。古来より交通の要衝であり、幾度も他民族支配の危機に瀕しながら、キリスト教信仰やワイン醸造に代表される伝統文化を維持してきた。ただし、旧ソ連からの独立以降は、領土問題を間に挟んで隣国ロシアとの緊張関係が続く。栃ノ心と友人関係だという、レヴァン・ツィンツァゼ駐日ジョージア大使(2019年2月に離任)に話を聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。