高橋宗正

全盲の弁護士・竹下義樹氏に聞く「差別は無理解から生まれる」

1/24(木) 7:38 配信

竹下義樹さんというパイオニアがいる。いまから35年前、竹下さんは「全盲」という視覚障がいを抱えた身で、日本初となる弁護士資格を取得。その後、弁護士としての一歩を踏み出した。2013年には障害者差別解消法の制定にも携わり、現在は弁護士業務のかたわら日本盲人会連合の会長を務める。「自分は障がい者に応援してもらって弁護士になった。障がい者のために働きたいと思ってやってきた」と言う竹下さんは、障がい者を取り巻く現状をどう見ているのか。なぜ弁護士を目指したのか、ここに至るまでにどんな苦労があったのか。弁護士事務所を構える京都市中京区で聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

障がいと社会 記事一覧(13)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。