木村直軌

吃音を抱えてどう生きるか――「コミュ力」が強調される社会で

2018/10/16(火) 9:26 配信

幼少期には10〜20人に1人の割合で発症し、成人の100人に1人が抱えているとされる「吃音」。しゃべり方をからかわれ、コミュニケーションを恐れる人もいる。「コミュ力」が強調される社会で、どう生きればいいか。吃音について研究し、自身も当事者である東京工業大学准教授・伊藤亜紗さんと、吃音のある人に向けても講演などを行っている劇作家で演出家の平田オリザさんの2人が、吃音とコミュニケーションについて語り合った。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

障がいと社会 記事一覧(17)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。