木村肇

障がいがあっても、一歩踏み出す勇気を――車いすで世界を旅して分かったこと

2018/9/14(金) 7:01 配信

三代達也(みよ・たつや)さん(29)は、今年5月、世界23カ国42都市を巡る232日間の旅を終え、帰国した。介助者をつけない、車いすでの一人旅だ。石畳の道で前輪が外れたり、観光地の昇降機が壊れていたり。「ダメか」と思うと誰かが現れて、乗り越える手助けをしてくれた。人は思いのほか、やさしい――。帰国した今、そんな気付きを発信している。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

障がいと社会 記事一覧(13)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。