コラージュ:EJIMA DESIGN

「気象の常識が通用しない」――豪雨多発時代を生き抜くには

2018/9/10(月) 8:05 配信

集中豪雨による災害が毎年のように起きている。短時間に集中的に降り続く豪雨は河川の氾濫を引き起こし、あっという間に生活地域を浸水させる。今夏の西日本豪雨でも多くの人が逃げ遅れ、被害に遭った。じわじわと地球温暖化が続く中、異常な豪雨は今後も多発する可能性があるという。こうした豪雨災害にどう向き合うべきなのか。水害、河川工学、気象の専門家に尋ねた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。