“フィリピーノ・フラッシュ”が再び世界のトップへーーー。5月29日、軽量級の4階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)がカリフォルニア州カーソンでWBC世界バンタム級王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)に4回1分52秒でTKO勝利。38歳になった大ベテランはまたも王座に返り咲き、健在ぶりを誇示した。

 2019年11月7日、ドネアはさいたまスーパーアリーナで井上尚弥(大橋)と対戦し、判定負けを喫したものの、“ドラマ・イン・サイタマ”と称される歴史的激闘の主役の1人になった。あの忘れ難き名勝負からもう1年半。再びバンタム級のトップ戦線に戻った軽量級のレジェンドは、これからどこに向かうのか。

 今回は現在のドネアのプロモーターであるリングスター・スポーツのリチャード・シェイファーに話を聞いた。その言葉から、ウバーリ戦でのドネアの勝因と楽しみな今後のプランが見えてくる。

 インタビュー前編 

井上尚弥との激闘から1年半、ドネアが世界王座に返り咲いた内幕をプロモーター明かす

再び、軽量級ビッグファイトのリングへ

ーーウバーリ戦の勝利で依然として最高級の実力を保っていることを証明し、ビッグファイトがドネアの視界に入ってきたように感じられます。

RS : 3、4年前、ノニトは何度か手痛い敗北を喫し、ファン、メディア、そして当時のプロモーターだったトップランクから一時的に見放されてしまった感がありました。しかし、レジェンドと呼ばれる立場を築いたボクサーには機会が与えられるべきというのが私の考え方。ノニトはWBA世界バンタム級王座を奪還し、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)での井上戦でまだ力を残していることを証明しました。ウバーリ戦で再び力を誇示し、今後、ビッグファイトをまとめるのがプロモーターとしての私の仕事になります。

ーーやはり気になるのは今後のことです。ドネアは誰との対戦を目指すんでしょうか?

RS : もう9度も世界王座に就き、多くを成し遂げてきたノニトがまだ果たしていないのが4団体統一です。その目標に私たちは向かっていくことになります。今のバンタム級には井上という偉大なチャンピオンがいて、WBA、IBFの王座を保持しています。WBO王者はジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。WBC王者のノニトは統一戦を望んでおり、ターゲットはこの2人しかいません。目標は2人のうちのいずれかとの対戦を実現させること。今の私は舞台裏で大きなプランを進めています。まだはっきりとは言えませんが、多くの人々を驚かすであろう計画が動いています。今後、数週間の間にこの重要な一戦を前に進めたいと考えています。

ーー統一戦シリーズを実現するためには井上の動きも重要になります。今週末の井上対マイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦をどう予想しますか?

RS : ダスマリナスも好選手ですが、井上とはレベルが違うと思っています。井上が勝つでしょう。番狂わせの心配はまったくしてませんし、KOで決着がつくはず。井上は世界最高級のボクサー。ノニト以外、バンタム級にはライバルはいないと思っています。彼を倒すチャンスがあるのはノニトだけです。

魅力的なバンタム級統一戦路線

ーーいずれ井上とドネアの統一戦が具体化するとして、トップランクと契約した井上の試合はESPN系列で放送されています。一方、ドネア対ウバーリ戦はPBCの興行で行われました。この点が交渉時に問題になると思いますか?

RS : そうは思いません。私は独立したプロモーターであり、PBC傘下ではありません。PBCはアル・ヘイモンの会社であり、私はそこに所属しているわけではないのです。私はこれまでも常に選手の意思を第一に考えていました。私がゴールデンボーイ・プロモーションズを率いていた時代にはトップランクのボブ・アラム・プロモーターとライバル関係にありましたが、それでもマニー・パッキャオ対エリック・モラレス、バーナード・ホプキンス対ケリー・パブリック、パッキャオ対リッキー・ハットンなどを成立させました。必要な時には一緒に仕事をやり遂げてきたのです。ボブと私がともに成立を望むのであれば、プロモーターの違いが問題になるとは思いません。

ーー井上対ドネアのリマッチは第1戦に続き、日本開催でも構いませんか?

RS : まったく問題はありません。日本の人たちは素晴らしいですし、私は日本史上最高のプロモーターであるミスター・ホンダ(帝拳ジムの本田明彦会長)とも良好な関係を築いてきました。条件的に日本開催が最も適切だとすれば、私たちの側に依存はありません。ご存知の通り、ノニトは日本の人たちからもリスペクトされ、愛されていますよね。彼はトラッシュトークを好まず、常に丁寧、親切で、ロールモデルという呼称にふさわしい選手。だからこそ、日本のファンからも尊敬されるのでしょう。ノニトは日本が大好きで、私も日本が大好きです。実は私とミスター・ホンダはノニトを日本で日本人以外の選手と戦わせる話すらしたことがあるんです。

ーーバンタム級統一路線を占う上で、8月に予定されているカシメロ対ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)戦も重要なファイトになります。この試合をどう予想しますか?

RS : 最初に言っておくと、その試合が本当に挙行されるかは定かではないですよ。この話がヒントになるかもしれないですね。カシメロはとても力強いファイターで、リゴンドーは極めて経験豊富。リゴンドーはキューバから亡命し、マイアミでの生活するに至るまでハードな日々を過ごし、彼が実際に何歳なのかすら誰も知りません。ノニトよりかなり歳上なのは確かでしょう。カシメロ対リゴンドー戦が実現したら、展開、結果が読みづらい試合になるとは思います。ただ、繰り返しますが、その試合が行われるかどうかはわからないとだけ言っておきます。ノニトが2つのベルトを持つ統一王者になり、同じく2団体統一王者の井上とリマッチを行うとすれば、これはとてつもないファイトになりますよね。そのためにも今後、私にはやらなければいけないことがあるのです。

 リチャード・シェイファー

 スイス出身 1961年10月25日生 (年齢 59歳)

 2002年、オスカー・デラホーヤが設立したゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)のCEOに就任。以降、フロイド・メイウェザー(アメリカ)、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)をはじめとする多くのスーパースターをプロモートした。2014年にGBPを離れ、2016年にリングスター・スポーツを設立。2017年7月にドネアと契約した。

 写真提供:Ringstar Sports
 写真提供:Ringstar Sports