MS365サービス障害発生。Teams、Outlook等がアクセス不能な状態に。

MS365のサービス障害をアナウンスする、MS365サービスヘルスステータス

MS365にて大規模な障害が発生しており、現在MS365を利用した認証や、Teams、Outlook等の利用が出来ない状態が続いている。

MS365のサービスヘルスステータスでも障害がアナウンスされている。

2020年9月29日09:20分、現時点での復旧の目処はたっていない。

タイトル:Microsoft 365サービスにアクセスできませんユーザーへの影響:ユーザーは複数のMicrosoft365サービスにアクセスできない場合があります。詳細:ユーザーは、Outlook.com、Teams LiveEventsを含むMicrosoftTeams、およびOffice.comにアクセスできなくなります。さらに、Power PlatformおよびDynamics365プロパティは、このインシデントの影響を受けます。既存の顧客セッションは影響を受けず、既存のセッションにログインしているすべてのユーザーがセッションを続行できます。現在のステータス:インフラストラクチャの特定の部分が認証リクエストをタイムリーに処理していないと判断しました。この問題の緩和策を講じています。並行して、影響を受けるユーザーをさらに救済するために、トラフィックを代替システムに再ルーティングしています。影響の範囲:すべてのユーザーがMicrosoft365サービスのアクセスの問題を経験する可能性があります。

出典:Microsoft365サービスのヘルスステータス

■ロールバックを実施したが、原因復旧せず

MS365公式Twitterによると、以下の経緯でトラブル対応にあたっているが、現状調査中であり、復旧の目処はたっていない。

1) 2時間前にサービス障害を検出し調査を開始。

2) MO222965として本障害を記録

3) 問題の原因と思われる最近の変更を特定し、影響を軽減するために、ロールバックを実施

4) 変更をロールバックした後、成功した接続の増加は観察されていない。

  根本原因を調査しながら、追加の緩和ソリューションの評価に取り組み中。

5) ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、トラフィックを代替インフラストラクチャに再ルーティング中

■クラウドサービスの可用性が、10大脅威に

IPAが毎年発表している、10大脅威の2020年版では、「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」が6位にランクインしている。これは、昨年AWSやMS365の通信障害が相次いだため問題視されたもの。

これまでクラウドサービスと言えば、可用性は高いものとされていたが、昨今丸一日停止することも珍しくない状態となっている。大手メーカーだから安心等と思わずに、クラウドサービスが停止した際のBCP対策も重要な要素となっている。