先日ニクヨの知恵袋の新作で周りから「理想が高い」と言われたという相談について、私は「鏡を見てください。」という回答をした。

今日はその「鏡」について補足していきたい。

「鏡を見て」ということは「己を知って」ということである。

「鏡」というのは物理的な「姿見」だけかと思うこともできるが、私が言いたかったのはそれだけではない。自分を映してくれるもの全てが「鏡」だということだ。自分を映してくれるものというのは水面やガラス窓と言った視覚的なものだけではない。周囲の人間の目に映った自分の姿や、自分が書き残したSNSの書き込みやブログなどにも自分の形跡というものが残っている。自分が映っているものや形跡をよく見るということが「己を知る」上で大切ではないかと考えている。