新型肺炎と日本の食卓 各国で食品価格上昇、日本への影響は

シンガポールのスーパーでコメが売り切れている様子(写真:ロイター/アフロ)

 

アジア各国の食卓への影響

 新型コロナウイルス感染による肺炎(以下、新型肺炎)の流行でアジア各国において食卓への影響が広がっている。シンガポールや香港では新型肺炎への警戒が高まる中で、スーパーの陳列棚からコメなどの食料品の売り切れが続出しているという。背景にあるのは、中国からの食料供給停滞の憶測だ。各国とも食料供給への影響がないと説明するが、影響の長期化が予想されることから食料価格は上昇する傾向にある。

中国の食卓への影響

 発生源の国となった中国では、14億という巨大な人口に食料を安定供給することが大きな課題となっている。実際、中国の1月の消費者物価指数は前年比で約5%上昇し、政府は価格抑制に躍起になっている。発生源である湖北省の交通封鎖後、北京等の大都市のスーパーマーケットでは、食料を蓄えようとする市民が殺到しパニックによる買いだめが起き(中国商務省)、さらに上海では食料の便乗値上げをしたスーパーが罰金処分を受ける事態も発生している。

 中国政府は、地方政府に価格調査や必要に応じた食料備蓄の放出を指示し、食料価格を含む物価高騰抑制策を行っているが、事態収束の目処はまだ立っていない。というのも2月末に春節で規制していた1.2億人の出稼ぎ労働者が都市部に戻ってくるため更なる混乱が予想されるからだ。中国政府は感染拡大と物価高騰という二つの抑制策に取り組んでいるのが現状だ。

 では、中国から多くの農産物を輸入し食料自給率が低い日本の食卓への影響はどうなるのであろうか?また日本の食卓には中国からどういった農産物や加工品が輸入されているのだろうか?

この記事は有料です。
農家ジャーナリストが耕す「持続可能な食と農」の未来のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

農家ジャーナリストが耕す「持続可能な食と農」の未来のバックナンバー2020年2月サンプル記事

松平尚也

価格

550(記事2本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

食べ物、生命の根幹である農の世界には、食と農の未来を考える上で宝物のようなアイデアが豊富にあります。本企画では農家ジャーナリストとして研究する立場から現代の農業の潮流や政策をとらえ食と農のこれからを考えます。世界で注目されている小農や家族農業、アグロエコロジー、SDGsも紹介し、持続可能な食と農のイメージをお伝えします。また食べ物の栽培や歴史から流通、農協改革や持続可能な観光まで幅広く取り上げます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

農・食・地域の未来を視点に情報発信する農家ジャーナリスト。京都市・京北地域の有機農家。京都大学農学研究科に在籍し世界の持続可能な農や食について研究もする。NPO法人AMネットではグローバルな農業問題や市民社会論について分析している。農場「耕し歌ふぁーむ」では地域の風土に育まれてきた伝統野菜の宅配を行いレシピと一緒に食べ手に伝えている。また未来の食卓を考えるための小冊子「畑とつながる暮らし方」を知人らと出版(2013年)。ヤフーニュースでは、農家の目線から農や食について語る「農家が語る農業論」、野菜の文化や食べ方を紹介する「いのちのレシピ」持続可能な旅を考える「未来のたび」などを投稿する予定。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ