原材料費や燃料費などの上昇から企業は価格転嫁に動かざるを得なくなっている。価格転嫁によって企業業績が回復し従業員の給与に反映され所得が伸びれば問題はないが、そうでなければ家計の負担は増加する。