ビットコインは6万ドルを突破、17世紀のチューリップバブルを彷彿とさせるビットコイン相場

(写真:アフロ)

 2017年12月に、当時の欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁(ポルトガル出身)は、17世紀に発生したチューリップバブルを引き合いに出し、「ビットコインはチューリップのようなものだと言える。数日間で40%、50%上げ下げするものに賭けたい人のための投機手段だが、通貨でないことは確実だ。中央銀行や金融政策への脅威になるとは見ていないことは確かだ」と述べた。

 その後もビットコインは途中の上げ下げはあったものの、結果として値上がりを続けることになり、6万ドルを超えてきた。

 ビットコインはコインという名称は付いているものの、通貨としての利用というよりは、一部の人達による投機的な利用が主体のように思われる。以前、ビットコインなどは仮想通貨と呼ばれていたが、現在は呼び名を暗号資産とあらためられている。

 以前にも指摘したが、このビットコインは17世紀にオランダで起きたチューリップバブルを彷彿させるものである。

 それでは17世紀にオランダで起きたチューリップバブルとはどのようなものであったのか、振り返ってみたい。

 17世紀はじめのオランダは、商人が世界各地に進出し、ヨーロッパで最も経済が発達した国となった。所得水準がヨーロッパで最高となり、消費や投資が活発化した。株式会社に加え、銀行、複式簿記、為替手形、そして証券市場などが発達し商業資本主義の基礎を築き上げた。

 世界最初の中央銀行はスウェーデンのリクスバンクと言われているが、1609年に市の条例で設立されたアムステルダム振替銀行ではないかとの見方もある。預金には金利はつかず、保有する金の範囲でしか紙幣を発行せず、融資はほとんど行わなかった。こうしたアムステルダム振替銀行の高い信用などを背景に外国為替の割引が活発に行われ、これによりアムステルダムが国際的な取引で支配的な地位を確立したのである。

 1530年に設立されたアムステルダム取引所では商品、為替、株式、債券そして海上保険などあらゆる種類の金融商品や金融サービスが売買されていた。取引の主流は先物取引となり、穀物や香料、砂糖や銅、硝石などの先物取引が行われていた。

 ヨーロッパで最も経済が発達した国となったオランダは、所得水準がヨーロッパで最高となり、消費や投資が活発化して行く。オランダのその地形や気候により花の栽培に適しており、特に好まれたのがチューリップ栽培であった。オスマン・トルコからチューリップが持ち込まれた当初は、貴族や商人など一部の収集家だけで取引されていたが、1634年あたりから一般個人も値上がり益を狙って、チューリップ市場に参入するようになったのである。チューリップ球根の先物取引も行われていた。

 珍しい品種が高値で取引されるようになり、1636年から1637年にかけて投機熱は最高潮に達した。居酒屋などで行われた先物取引などが主体となり、次第に実体のない取引が行われるようになる。珍しい球根は家一件分といったように、すでに価格は現実からかけ離れたものとなり、貴重品種以外の品種も高値で取引されるようになった。

 1637年2月にチューリップ市場は突然暴落した。暴落の理由らしい理由はなかったものの、春になると受け渡しの期日が来ることで、その前に売ろうとしたところ、買いが入らず、売りが売りを呼ぶ展開となったのではないかといわれる。先物の決済が行われず、債務不履行が次々に起こる。混乱が収まったのはやっと政府が乗り出した1638年5月である。

 数千人規模で支払いきれない債務者がいたといわれたオランダのチューリップバブルであるが(「バブル」という言葉そのものは、のちの「南海バブル」から使われる)、そのバブル崩壊による実体経済への影響はほとんどなかったといわれている。このためチューリップの熱狂が本当にあったのかどうか疑問視する見方もあるが、これをきっかけにオランダのチューリップが世界的に広く認識され、オランダでの花き産業が発達していったことも事実である。

 このチューリップバブルを彷彿させたのが、ビットコインバブルとなる。その値上がりペースはチューリップバブルをも超えたとされる。

 チューリップバブルほどの混乱はいまのところ起きていない。しかし、価格変動そのものからみても、結果としてはビットコインの価格変動はバブルであったともみなされるのではなかろうか。その結果はどうなるのかは、やはり過去の歴史が示しているのではないかとも思われるのである。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「社員の大量退職」が発生しても落ち込むな〜明るい未来が待っているかもしれない理由〜曽和利光5/17(月) 6:55
  2. 2
    「ビットコインが再び急落、バブル相場を連想か」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2021年5月17日久保田博幸5/17(月) 10:29
  3. 3
    イーロン・マスクに翻弄されるビットコイン、米国の規制強化を担う人物とは久保田博幸5/15(土) 12:04
  4. 4
    木材価格急騰!ウッドショックから見える日本林業の脆弱さ田中淳夫5/11(火) 9:34
  5. 5
    バブル崩壊に備える3つの方法 マーケットに出ている不気味な兆候とは花輪陽子5/15(土) 8:00
  6. 6
    部下の「無言の抵抗」にどう対応するか〜全てのリーダーが直面する「メンバーがついて来ない」悩み〜曽和利光5/15(土) 6:55
  7. 7
    「マネジャー適任者がいない」という会社の嘆き〜中年期の精神的成長に問題ある人が増えたのだろうか?〜曽和利光5/14(金) 6:55
  8. 8
    米パイプラインへサイバー攻撃を仕掛けたダークサイドは身代金を受け取った後に暗号資産を盗まれて活動停止久保田博幸5/15(土) 13:59
  9. 9
    IBMが楽天を特許侵害で提訴:その特許を解説する(3)栗原潔5/16(日) 22:36
  10. 10
    予定価格が発表された名古屋駅徒歩圏の超高層マンション。その狙い目住戸は?櫻井幸雄5/17(月) 11:00