スエズ運河で座礁したコンテナ船は離礁に成功、1週間ぶり航行再開

(写真:ロイター/アフロ)

 スエズ運河でコンテナ船「エバーギブン」が座礁し、新型コロナウイルスのパンデミックに起因する世界のサプライチェーン(供給網)のひっ迫が強まる懸念が出ていたが、エジプトのスエズ運河庁は3月29日、23日に座礁し、約1週間にわたり航路を塞いでいた大型コンテナ船「エバーギブン」の離礁作業が成功したと発表した(30日付ロイター)。

 世界最大の家具販売チェーンを展開するスウェーデンのイケア、英家電・携帯電話販売のディクソンズ・カーフォン両社はロイターに、この座礁船で製品が運搬されていると明らかにしたそうである(29日付ロイター)。

 エバーギブンは世界最大級のコンテナ船で、載貨重量トン数は199629トンとされる。全長約400メートル。ニューヨークのエンパイアステートビルの高さに匹敵するという。今回は中国からオランダ・ロッテルダムまでの積み荷を運ぶ途中、スエズ運河で座礁した。

 エバーギブンだけでも大量の積み荷があるが、エバーギブンが座礁して運河が塞がれた状態が続いていたことで、スエズ運河庁のラビア長官は422隻が通航に向け待機しており、渋滞の解消には3日もしくは3日半かかる可能性があるとの見通しを示した。

 英海運専門誌ロイズリストの見積もりでは、1日にスエズ運河を通過する貨物船が積載している製品は約96億ドル相当に上るとされる(29日付ロイター)。

 欧米では既に、パンデミックに伴うオンライン注文の急増などで物流が混乱しているようであり、スエズ運河が通れないことで事態は一段と悪化しかねない可能性もあった。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。