レクサスが新SUVのデザインを公開【動画あり】

 レクサスは3月の初旬にスイスのジュネーブで開催される2018年ジュネーブモーターショーに出展する新型コンパクトクロスオーバーSUVである「UX」のデザインを、ひと足先に公開した。このUXはトヨタのコンパクトクロスオーバーSUVであるC-HRと基本アーキテクチャを共用していると言われる、いわゆるTNGA( トヨタニューグローバルアーキテクチャ)を用いた新世代モデルである。

 実際に発表されたデザインを見てみると、まず顔つきではスピンドルグリルのデザインがかなり小慣れてきた感がある。またヘッドライトの3眼表現なども、これまでの他のレクサス車の流れを受け継ぎつつ、さらに進化を感じさせるもの。それに加えてLEDによるデイタイムランニングライトは、他のモデル同様にレクサスのデザインアイコンであるアローヘッド(やじり形状)となっているが、ヘッドライトとの位置関係はこれまでにない新たなものとなっている。またサイドのフォルムでは前後のホイールアーチを縁取る樹脂のフェンダーがSUVらしさを強調しているのに加えて、C-HRと基本設計を共用することもあり、リアウインドーはかなりスポーティに寝ているものとなるだろう。加えてリアは動画で一瞬登場するが、テールレンズが左右をつなぐ水平基調となっている点もこれまでにないデザイン展開といえる。

 またインテリアも動画の中で一瞬登場するが、他のレクサスのモデルに共通するデザインながらも、より一体感の高そうなものとなっていることが伺える。プレスリリースでは「高剛性かつ低重心な新プラットフォームを採用し、クロスオーバーらしいシルエットを強調しながら、優れた操舵応答性・操縦安定性を実現しています」とあるが、この辺りは走りにこだわったSUVであるトヨタのC-HRをベースに、さらに上級ブランドのレクサスらしい仕立てになっていることを期待したい。

 このUXが都会志向のコンパクトクロスオーバーSUVとしてレクサスのラインナップに加わることで、レクサスの中では比較的リーズナブルで選びやすい選択肢となるわけで、今後のレクサス・ブランドの裾野を広げる役割があることは間違いない。日本市場においても海外ブランドと比べられるような価格設定で販売を行なっているわけだが、まだまだ販売台数的には苦戦しており、ここを伸ばしていく必要性を考えると、現在の売れ線であるコンパクトなSUVの登場は販売台数を積み上げる上での大きな支えになるはずである。

 リリースによると、ジュネーブショーにおけるレクサスのプレスカンファレンスは、現地時間の3月6日(火)午前10時(日本時間 : 同日午後6時)から行われ、次のURLでライブ配信されるという。 https://livestream.com/LexusInternational/geneva2018(英語のみ)