ポルシェが電気自動車を発表!【フランクフルトショー】

ポルシェはフランクフルトショーにおいて、電気自動車のコンセプトモデル「ポルシェ・コンセプト・スタディ・ミッションE」を世界初公開する。既に同社のwebサイトにもこのクルマのページが公開されている。

画像

ミッションEは既にスペックを先に公表しており、世界初となる800Vのシステム電圧を実現。そして前後のアクスルに与えられたモーターによる4輪駆動方式を採用し、最高出力は600ps以上、0-100km/h加速は3.5秒以下、0-200km/h加速は12秒以下、最高速は250km以上、そして航続距離は500km以上とされており、バッテリーを80%まで充電するのに15分以下と言われている。

スタイルは観音開きを採用した4ドア・クーペ的なものとされており、全高は1300mmと低いのが特徴。そしてディテールには最近のポルシェ・デザインのテイストが存分に反映された上で、フューチャリスティックな仕立てが随所になされている。例えばドアミラー等は存在せず、フェンダー後方にカメラを融合させてここからの画像を室内に展開する。

画像

またボディ構造はアルミやカーボン等を用いて軽量に仕上げられており、乗員のための居住空間は“バイザッハ・フレーム”と呼ばれる特に軽量なカーボンモノコックが用いられている。この構造によってミッションEでは、通常のクルマで前と後のドアの間に存在する柱(Bピラー)を必要とせずに高い剛性を確保しているという。

さらにインテリアで特徴的なのは、目の動きをトラッキングすることでメーター内のメニュー操作を可能としたり、ホログラムの操作系に対してジェスチャーでコントロールできること。またメーターやディスプレイは、ドライバーのポジションに合わせて自動的に調整されるという。

画像

充電に関しては、“手を汚さず”に行えるよう非接触式のベースプレートを自宅ガレージに置く方法が提案されており、外出時には従来の400Vのケーブル式の充電設備を使って充電も可能となっている。

電気自動車では既にテスラのモデルSが、“これまでにないクルマ”としてアメリカの富裕層を中心に極めて高い人気を誇っている現状がある。高級スポーツカーメーカーであるポルシェが電気自動車の市場に参入することで、この市場をさらに拡大することになるだろう。

ちなみにポルシェはモーターショーにおいて、コンセプトカーを出展することはあまりない。しかも近年に送り出したコンセプトカーはほぼ全て市販化されていることを考えると、このミッションEもそう遠くない将来に現実となるだろう。