東奥義塾、青森商業、コールド勝ちで準決勝へ――高校野球・青森大会

“岩木山”の下、青森大会はベスト4が出揃った。(著者撮影)

 青森大会は準々決勝の残り2試合が、はるか夢球場(弘前市)で行われた。東奥義塾と青森商業が、ともにコールド勝ちを収め、準決勝に駒を進めた。

東奥義塾、集中打で7回コールド勝ち

 第1試合は弘前東・古川、東奥義塾・神が、ともに持ち味を生かしたピッチング。相手打線を封じる上々の立ち上がりをみせた。

 そんな中、先に攻略したのは東奥義塾。3回、死球で出塁したランナーを2塁に進めると、1番原田がライト前へ落とし、先制。実はこれがこの試合初ヒット。古川はヒット1本で1点を失うこととなった。

 そして、ここから東奥義塾が集中力を発揮する。2アウトとなった後、3番・佐藤宏、4番・佐藤蓮、5番・岡部が連続ヒット。この回、一挙4点を奪い、ゲームの主導権を握った。

 さらに5回、先制打の原田が今度はレフトスタンドへ2点本塁打を放ち、点差は6点に。

 その裏、弘前東も2点を返すが、7回に再び東奥義塾が集中打をみせる。佐藤のヒットで1点を追加した後、7番・高橋、8番・相坂、9番・神の下位打線が3連続タイムリーを連ね、ついに10点目。得点差を8点に開き、コールド勝ちを収めた。

青森商業、ステディな攻撃で6回コールド

 第2試合は初回から青森商業が圧倒した。

 1回、先頭打者の塩谷がいきなりレフト線に2塁打。3番・馬場の1、2塁間を破るヒットで早くも先制すると、四球をはさんで6番・蝦名が右中間に快打し、早くも3点をリードした。

 さらに2回、3回、4回にも得点を加え、この時点で8対0。単打や四死球で出塁したランナーをバントを有効に使いながら(スクイズもあった)、確実に点差を広げ、勝利をたぐり寄せるステディな戦いだった。

 大湊高校は相手先発の鳥谷部の躍動感のあるピッチングに苦戦。5回に原子、佐藤のヒットと死球で無死満塁と攻め立て、下川が右中間に見事なタイムリー。2点を返して勢いづいたが、その後も続いたチャンスをダブルプレーで生かせなかったのが痛かった。

 結果的にはこの後4点を失い、2対12でまさかの6回コールド負け。しかし、キャッチャーの下川をはじめ、好プレーも再三披露するなどチーム力は備えていた。「下北から甲子園へ」の夢は下級生たちに確かに託された。

甲子園まであと2勝

 これで青森大会はベスト4が出揃った。八戸学院光星、弘前学院聖愛、そして東奥義塾、青森商業である。

 準々決勝ではいずれもコールド勝ち。それぞれに勝ち方は違ったが、投打に隙のない戦いで準決勝に駒を進めてきた。

 注目は、ここでは青森商業を挙げておきたい。青森県は言わずと知れた「私学王国」。その一角に食い込んだ。今日の試合では背番号「11」の鳥谷部が完投。エースを温存することができた。

 相手は今大会ノーシードながら“本命”の八戸学院光星。接戦に持ち込むことが“番狂わせ”への条件になる。

 もう1試合は弘前学院聖愛と東奥義塾の対戦。こちらは1点を争う試合になるのか、ハイスコアゲームになるのか、まったく予測できない。

 準決勝は明日(21日)、はるか夢球場で行われる。夏の日差しの下、球児たちが繰り広げる熱い戦い。

 青森大会は残り3試合。甲子園まではあと2勝だ。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額330円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    愛妻を亡くしながらも息子の騎手デビューを前に懸命に立ち直ろうとする元騎手の話 平松さとし2/19(水) 6:30
  2. 2
    日本人メジャーリーガーの背番号は、前田健太と菊池雄星も背負う「18」が歴代最多。「4」は秋山翔吾が初 宇根夏樹2/19(水) 8:57
  3. 3
    続編 NBA選手が射殺されて間もなく10年…… 林壮一2/19(水) 0:01
  4. 4
    早くも韓国女子ゴルファーたちの競争が激化…東京五輪に最も近いのは誰か 慎武宏2/19(水) 7:16
  5. 5
    大物と抱き合わせて「契約が残るベテラン」を放出したのに、今度は別の「契約が残るベテラン」を獲得!? 宇根夏樹2/19(水) 17:22
  6. 6
    「飛ばないボール」で本塁打42%減の韓国 東京オリンピック4番候補の対策とは? 室井昌也2/19(水) 11:28
  7. 7
    男子バレー日本代表登録27人を発表。石川祐希「覚悟を持って、最高のパフォーマンスを」 田中夕子2/19(水) 18:43
  8. 8
    プロゴルフ界も「産休」「育休」の時代!?マタニティ、パタニティで出場資格を1年先延ばし! 舩越園子2/19(水) 15:22
  9. 9
    新型コロナウイルスでも東京オリンピック・パラリンピックは開催できるのか。ジカ熱とリオ大会から。 谷口輝世子2/18(火) 7:19
  10. 10
    サイン盗み問題に納得できていない選手たちを更に憤慨させたコミッショナーの問題発言とは 菊地慶剛2/19(水) 12:05