霞ヶ浦、茨城101校の代表に――100年目の高校野球・茨城大会

2対0。そのスコアが最後まで動かなかった。

3年連続して決勝を戦う霞ヶ浦と、30年ぶりに勝ち進んだ日立一が対戦した茨城大会の決勝。

その「2」がスコアボードに記されたのは初回だった。

先頭の佐藤が相手エラーで出塁すると、続く益子がすかさず送りバント。関口がライト前へ運び、1アウト1、3塁で打席には4番清水。先制のチャンスである。

ここで霞ヶ浦がとった作戦は驚きだった。

セーフティスクイズ。2球目、1塁線に見事に頃がし、1点をもぎとった。「4番」に、である。

清水は続く打席でもバントを決めたから(しかも内野安打にした)、このチームにとっては珍しいことではないのかもしれない。

しかし、僕のような“よそ者”にとっては驚きであり、執念を感じさせる場面だった。

執念――冒頭の「3年連続して決勝」はすべて準優勝。もっと言えば、ここ5年で4度決勝を戦い、4度準優勝。つまり決勝でことごとく敗れ、霞ヶ浦は甲子園を逃し続けているのだ。

だから、今年こそ何が何でも……初回の4番のスクイズに、そんな執念を垣間見た気がしたのである。

1点をもぎとった後、5番根本将がレフトオーバーのタイムリーを放ち、2点目。

もちろん、この初回の「2」以外、すべてのイニングが「0」で埋め尽くされることになるとは、誰も思っていなかったに違いない。

立役者としては、やはり安高投手を挙げなければならない。

決してサイズがあるわけではないが、ボールにキレがあり、制球力もいい。ピッチングのテンポもいいから野手にもリズムができる。140キロ台の速球を持つ本格派・綾部を擁しながら(準決勝で完投した)、先発を託したのがうなずけるピッチングだった。

何より惚れ惚れしたのはマウンド度胸。打者に向かう気迫は十分。2回(牽制でランナーを刺したかに見えたが)ボークをとられた場面でも、消極的になることなく牽制を投げ続けるハートの強さにも感心した。

もちろんスコアボードが「0」で埋まったのは日立一の背番号「3」にしてエースの鈴木彩投手の力にもよる。

決勝も含めて全7試合に登板(準々決勝からはすべて完投)。59イニングを投げ、チームの躍進を支えた。

この試合でも3回ノーアウト満塁、4回ノーアウト2,3塁などランナーを背負う場面は多かったが、要所で大きなカーブなど変化球を駆使して切り抜け、終盤は尻上がりに調子を上げた。

鈴木彩を盛り立てたバックの守備も素晴らしかった。4回のピンチをダイビングキャッチで救ったライトの木村をはじめ、随所で好プレーを見せた。

「盛り立てた」と言えば、ベンチの共闘感も見ていて気持ちがよかった。ピンチに直面したナインを、ピンチを切り抜けたナインを、赤津選手を中心に大きな声とゼスチャーで励まし、盛り立て続けた。

ノーシードながら4試合で逆転勝ちし、決勝まで進んだ要因の一端に触れた気がした。

攻撃でも四球やデッドボールで塁を賑わせることもあった。しかし、結局ヒットは1本だけ(4回に木村がセンター前に放った)。

しかも霞ヶ浦は7回から綾部を起用。盤石の継投で、勝利と甲子園を確実にたぐり寄せた。

センバツ8強の常総学院をはじめ、シード校が早々に敗れ去った「茨城の夏」。101校の頂点に立ったのは霞ヶ浦だった。まさしく“悲願”達成しての甲子園。ようやくつかんだ夢舞台に綾部、安高の両腕で挑む。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    まるで林昌勇(イムチャンヨン)!武蔵のサイドスロー・松岡洸希の奪三振率に注目《2019ドラフト候補》 土井麻由実7/19(金) 11:30
  2. 2
    WBAウエルター級統一戦直前 ~マニー・パッキャオ40歳の闘い~ 林壮一7/19(金) 0:01
  3. 3
    日本女子ゴルフツアーに今季から参戦中のペ・ソンウ、来日して変化した「ゴルフ観」とは? 慎武宏7/18(木) 7:07
  4. 4
    10先発続けて黒星でも、ローテーションから外されない理由。その間の防御率は9点台 宇根夏樹7/19(金) 15:52
  5. 5
    売り物はサッカー指導。情熱とボランティア精神に逃げてきた業界で大豆戸FCが挑む「街クラブ2.0」改革 小澤一郎7/19(金) 13:40
  6. 6
    鈴鹿8耐の基礎講座(3)〜灼熱の耐久レースを動かす要素とは?耐久レースはドラマの宝庫 辻野ヒロシ7/19(金) 16:48
  7. 7
    「デ・リフトにはC・ロナウド以上の価値」 有言実行のユーヴェ、悲願成就へ高まる期待値 中村大晃7/19(金) 7:47
  8. 8
    日本製鉄鹿島の玉置投手が都市対抗初勝利!3回戦は後輩・阪口コーチのパナソニックと 岡本育子7/18(木) 21:40
  9. 9
    村田諒太に本場から熱いラブコール。カネロ9月登場なし。ミドル級が動く 三浦勝夫7/18(木) 16:51
  10. 10
    1イニング8得点の凸凹。投手がヒットとホームランを打つ一方で、2打席ともアウトになった打者も 宇根夏樹7/19(金) 18:58