横浜、接戦制してベスト8へ――100年目の高校野球・神奈川大会

試合の流れは二転三転した。

序盤は藤沢翔陵のゲーム。横浜の左腕、春日井投手の長い腕を使った大きく割れるカーブに苦労するかと思いきや、2回、早くも捉えた。

それも下位打線から左打者が、背中から来るボールをよくこらえて、シュアに叩いて2点を先制。

3回裏には先頭打者に出塁されたものの、送りバントを中西投手がセカンドで封殺。すでに牽制でランナーを刺すなど野球センスの高さを見せていた中西の好フィールディングだった(ショートもよく伸びて捕った)。

ここまでは藤沢翔陵が培ってきた実力を発揮しながら、流れをつかんでいたと言っていい。

しかし、さすが横浜。この大会初めての失点で2点のリードを許し、せっかくのチャンスも潰えかけ……というところから地力を発揮する。

2アウトから4番公家がレフト前へタイムリーを放ち、1点をもぎとったのだ。藤沢翔陵に一気に向かいかけていた試合の流れを、これでせき止めた。

だが、この時点ではまだ横浜が流れを引き戻していたわけではない。拮抗。どちらへ向かって試合が進んでいくか、まったくわからない状態だったと思う。

4回表。簡単に2アウトを奪った後、ヒット、四球で1、2塁。ワイルドピッチで2、3塁。リードを広げられそうなピンチに横浜は直面する。

ここで失点すれば、せっかくせき止めた流れが再び藤沢翔陵へ。そんな場面で春日井の投球はまたもやワンバウンド。

キャッチャーが後ろへ逸らした……かに見えた。

3塁ランナーが本塁へ向かって駆け出す。

しかし、ボールは捕手山田のすぐ近くで止まっていた。ホームベース遥か手前でタッチアウト。

もしかしたらこれが勝負を分けたかもしれない。少なくとも試合の流れを大きく左右する分岐点となった。

続く4回裏。横浜は三河の適時打で2点を奪い、逆転。5回、公家のホームランで4対2として中西をマウンドから引きずりおろし、さらに6回にも3番手アンダーハンドの関原から追加点を奪い、5対2。

7回からはエース藤平をリリーフで起用。勝利をさらに確かなものにするべく、きっちりと手を打った。

最後の最後にまたしても試合がもつれたのは藤沢翔陵の執念だ。

8回、主将長谷川のセンター前で1点差、嶋田のライト線で同点に追いついた集中力は見事だった。

その裏、四球とデッドボールで万事休したとはいえ、ショートの森山まで含めて4人が、それぞれに個性を存分に披露する力投。鋭くコンパクトなスイングの打線も、上位から下位まで切れ目なく粒揃いだった。

もしも、ちょっとした何かが違っていたら(たとえばあの後逸したボールがもう少し違う転がり方をしていたら)、校歌を聞くことができたかもしれない、そう思わせる実力チームだった。

第3シードにふさわしいパフォーマンスだった。

一方、まさしく辛勝した横浜。

この試合までの4戦、コールド、コールド、コールド、3対0。点差は違えど、いずれもきっちりとした野球で勝利をつかんできた。

それがこの試合ではミスが出た。目に見えるエラーも、見えにくいエラーもあった。

だから辛勝になった。いや、それでも辛勝できた。とにかく、まだ戦い続けることができる。渡辺監督の花道も――。

すでに5回勝った。それでも頂点までは、まだ3つ。ノーシードで迎えた横浜の長い夏がまだ続く。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    イ・ボミや申ジエの影響!? 韓国ツアーの“美しき実力者”ペ・ソンウが日本に来たワケ 慎武宏7/23(火) 7:30
  2. 2
    問題児ネリが元王者パヤノを一撃でKO 気になる今後のバンタム級戦線 木村悠7/23(火) 6:00
  3. 3
    全英オープン覇者は「パートタイム・ゴルファー」。不思議な珍事の背景 舩越園子7/23(火) 8:00
  4. 4
    名球会から独立リーグ監督になった駒田徳広 監督退任の真相と高知に遺すもの 阿佐智7/23(火) 7:30
  5. 5
    20年前の決着。夏のインターハイ決勝の再戦 柴村直弥7/23(火) 7:00
  6. 6
    中谷正義(井岡)が話題のプロスペクト、テオフィモ・ロペス(米国)とほぼ互角の戦いも、惜しくも判定負け 杉浦大介7/23(火) 12:29
  7. 7
    史上4番目の若さで50本塁打に到達。3番目に若いのは東北楽天でもプレーしたあの選手 宇根夏樹7/23(火) 7:59
  8. 8
    岡田ジャパンと同じ轍を踏むな。W杯アジア2次予選は五輪チーム中心で 杉山茂樹7/23(火) 10:00
  9. 9
    鈴鹿8耐の基礎講座(4)〜鈴鹿8耐、42回目の伝統。8耐にはいくつかの定番がある。 辻野ヒロシ7/23(火) 17:53
  10. 10
    シーズン200奪三振に一番乗りのゲリット・コール 1900年以降史上2番目のスピード達成 菊地慶剛7/23(火) 15:36