注目の相模原、まずは初戦突破――100年目の高校野球・神奈川大会

今夏、神奈川大会の話題の一つ。公立校の甲子園出場なるか――そんな期待の中心にいるのが県立相模原である。

とにかくその成長ぶりが目覚ましい。

昨春16強、昨夏8強、昨秋4強、今春準V。

直線的なステップアップは、予想点線を延ばしていけば、当然、頂点に辿り着く。注目が集まるのも当然である。

起点はやはり佐相監督だろう。

もともとは中学野球の指導者だったと聞く。しかし、川崎北を強打でのし上がらせ(準決勝まで進めた)、3年前に相模原に着任。そこから成長曲線、いや直線が急角度で引かれ始めた。

初戦はやや硬かったか。初回に1点を奪い、3回にも追加点。しかし、そこから試合は拮抗した。付き放すことができなかったのは、対した百合ヶ丘が踏み止まったからだ。

同じ県立高校。でもノーシード。それでも山口投手のボールには立ち上がりから威力があった。投球のテンポもいいから、鍛えられた守備も弾むように動いた。

何より、百合ヶ丘には「踏み止まれるだけの力」を備わっていた。

たとえば4回裏、付き放されるそうなピンチに直面した。相模原にとっては勝負をつけてしまえる好機。第三者からみれば、ここで追加点が入ったら、そのままワンサイドになるかも……そんな瀬戸際で、強打球が三塁線を襲った。

だが、ライン際を抜けて、試合を決定付けそうな白球を、横っ飛びした奥村のグラブはしっかりとつかんだ。立ち上がって、ベースを踏んで、ファーストへ。ダブルプレー。ピンチを脱し、まさしく踏み止まった。

あの一瞬の、あのワンプレー。

そこにユニホームの胸を汚した土と、スパイクにこびりついた泥の総量が証明されていた。ベンチへ駆け戻る選手たちの勢いと、それぞれの全身から発する勢いがの掛け算で膨らんでいく様子に、チームが重ねてきた練習の時間と密度も証明されていた。

勝負はちょっとした差――プレーの差や、個人の差や、チームとしての差で分かれる。その足し算の結果として、4対0は妥当な試合だった。

けれど、「ちょっとした差」が掛け算となって、大きな結果の差になりかねない高校野球において、ちょっとした差を、ちょっとした差のままで踏ん張り切った力は、大きな声で評価したいと思う。

百合ヶ丘は、そんな力をちゃんと培ってきたチームだった。

そして相模原。期待され、注目を集め、第1シードで臨む初めての大会。

宮崎投手、尻上がりに調子を上げ、ストレートとスライダーで、2安打完封。打撃も爆発とはいかなかったが、8安打。7人がこの夏最初のヒットを放ち、「夏」の緊張感から解放された。

とにかく初戦通過。本領を発揮するのはこれからか。その「これから」で、成長直線をさらに伸ばすことが、頂点に辿りつくためには必要に見えた。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ