<北朝鮮>10月の対中貿易が前年比99%減の衝撃 その詳細を検討する 無理なコロナ対策で壊滅的打撃

金正恩氏がコロナ防疫優先で厳格な貿易制限策を主導した。(写真:ロイター/アフロ)

衝撃的な数値…。そう言うしかないだろう。

北朝鮮の貿易の九割以上を占めているは対中国貿易。その10月度の統計が、11月23日に中国税関当局によって発表された。

発表によると、10月の輸出入総額はわずか165万9000米ドル(約1億7400万円)で、うち北朝鮮の輸入はたった25万3000ドル(約2650万円)しかなかった。ともに昨年同月比で99%減、壊滅状態である。

関連記事  <北朝鮮内部>コロナの疑いで重要都市をロックダウン 外出禁止し市場も封鎖 餓死発生情報も

一方、輸出は140万6000ドル(約1億4630万円)で前年比91.7%減だったが、品目を見ると輸出1位はなんと電力の113万3293ドル(約1億1790万円)だった。深刻な電力難に苦しむ北朝鮮が電力輸出とは、どういうわけなのか? 

朝中国境を流れる鴨緑江には、太平湾ダム、水豊ダムなど朝中が共同で運営する水力発電所がある。ここで発電された電力の出入りが、建前として貿易統計上に反映されただけとみられ、実際の交易と見ることはできない。ちなみに北朝鮮の輸入品目の3位も電力であった。

電力のカウントを除くと、10月の対中輸出はわずか約27万ドル(約2810万円)に過ぎなかった。

中国税関当局公表の朝中間の貿易統計。1~10月の輸出入累計額では前年比でマイナス76.2%だった。1-2月は合計額のみが発表。アジアプレス作成
中国税関当局公表の朝中間の貿易統計。1~10月の輸出入累計額では前年比でマイナス76.2%だった。1-2月は合計額のみが発表。アジアプレス作成

【写真特集】 経済難でボロボロの廃墟になった巨大コンビナートの無残(7枚)

◆金正恩時代で最悪の外貨不足

金正恩政権は、新型コロナウイルス流入を警戒して1月末に国境を封鎖、人とモノの出入りを厳しく制限し、3月以降の対中貿易は大幅減が続いていた。

8月以降の対中貿易が大幅に減った理由について、北朝鮮当局がコロナ防疫のために物資の搬入をさらに厳しく制限したためという見方も出ているが、筆者は、ここにきて、とうとう外貨不足で輸入がままならなくなったためではないか、と見ている。

輸出不振に加え観光収入が途絶えた。労働者派遣による収益も、主な派遣先の中国とロシアがコロナの影響で生産や建築、サービス業が不振で低迷していると考えられる。貿易以外の外貨収入も減り続けているはずだ。

2017年に国連安保理で経済制裁が加重され、18年の対中輸出は前年比で86%減った。19年は非制裁品目の輸出に力を入れていくぶん回復を見せたが、今年1~10月の対中輸出総額は、前年同期比で74%減った。経済制裁で大幅に落ち込んだ数値からのさらなる減少であり、2016年比では約95%減にもなる。

◆生活必需品の輸入途絶えた?

参考までに、中国税関当局が公表した10月度の輸出入上位品目をあげておく。具体的に何なのかが不明なものもある。8月以前には上位だった生活必需品が輸入品目リストから消えているのが気になる。単位は米ドルだ。

●対中輸出

電力 113万3293

黒鉛やその他の炭素を基本成分とする糊状や塊、板やその他の半製品 27万2175 

個人越境EC商品 358 

低価簡易通関商品 340

クレンジング用有機表面活性品や製品、小売包装したもの 37

その他の家庭用電動器具 28

その他の美容製品や化粧品、スキンケア製品 11

●対中輸入

ポリエステル短繊維 接着繊維、短繊維、混紡布 20万3776 

一次形状のポリエチレン比重≧0.94 3万9000 

電力 9523 

その他のポリウレタンで処理した織物 600

なお、朝中間には統計に出て来ない物流もある。6月以降、大量の食糧とコロナ防疫装備品が中国から支援された模様だ。朝日新聞は食糧50万~60トンと肥料55万トン、韓国の中央日報は食糧80万トンが、水面下で支援されたと報じている。

関連記事  <北朝鮮内部>紙クズ扱いの北朝鮮ウォンが謎の急騰 原因と影響を探る

※ 12/3に対中貿易品目名を修正しました。