━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2014/04/12(vol.078)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《目次》

1.月額2700円の完全通話定額は高いのか安いのか

━━一気にプライスリーダーに躍り出たドコモの本気

2. イオン月額2980円Nexus4が完売間近の大ヒット

━━「品質」と「価格」のバランスが求められる後継機種

3.契約者数発表せず、新製品発表会も見送りのソフトバンク

━━静かなる「ゲームチェンジ」の始まりか

4.スマホ業界人たちの「ささやき本音コラム」

━━Y!mobileの成否を握る商品戦略

5.今週のリリース&ニュース

6.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.月額2700円の完全通話定額は高いのか安いのか

━━一気にプライスリーダーに躍り出たドコモの本気

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月10日、NTTドコモが料金改定に踏み切った。この料金を見たとき、はっきり言ってドコモを見直した。ここ最近の業界を振り返ると、MNP開始時にソフトバンクの孫社長が料金戦争を仕掛けて、980円というプランが定着。ソフトバンクが自網内定額などのデファクトスタンダードを作ってきた感がある。業界のプライスリーダーは間違いなく孫社長だった。

そこに続いたのがKDDI・田中社長。自社にしかできない「固定と携帯電話のセット販売」で、家族をまるごとKDDIにしてしまう戦略が当たった。

ソフトバンク、KDDIが料金で攻めてくる中、NTTドコモは防戦一方であったのだ。

そこに来て、今回の完全通話定額と家族データシェアプランの投入だ。「基本料金が高く、電話をしないユーザーからすれば値上げだ」という指摘はあるが、1回10分という制限のない「完全通話定額」の導入は、我々がこれまで付き合ってきた「音声通話」の使い方を根本から変えてしまう可能性があるし、業界の勢力も一変させる破壊力を持っている。

当然のことながら、割安な音声通話を訴求していたサービスは、内容の見直しを迫られるだろう。「楽天でんわ」はもちろんのこと、「LINE電話」もすっかり影を潜めることになる。「楽天でんわ」の記者会見時、フュージョン・コミュニケーションズ幹部が「(音声定額導入が予想される)VoLTE開始時までが顧客獲得の勝負だ」と語っていたのだが、VoLTEを開始する前にあっさりと優位性が失われてしまった。LINE電話においても、電話番号偽装の問題を解決する前に、サービス内容の変更を検討しなくてはいけないかも知れない。