帰省時に頭抱える「雑談」 気まずい雰囲気を避ける「先生と生徒」作戦とは?

年末の帰省時には「雑談力」が欠かせない。(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

「久しぶり〜。元気にしてた?」

「はぁ……まあ、おかげさまで……(誰だっけ、この人)」

「会社のほうはどうなの? うまくやってるの?」

「まあ、ぼちぼちです(仕事の話をしてもわからないでしょ?)」

「ずいぶんご活躍だそうで。噂もよく聞くよ」

「いやいや……(とりあえず謙遜しておこう)」

年末に帰省すると、必ず直面するのが、このような、「久しぶりに会った親戚」や「義理の家族」との世間話です。

知らない相手じゃないけど、人柄をよく知ってるわけでもない。

共通の話題はないけれど、沈黙が怖いからなにか話さなくちゃいけない。

無視するわけにもいかないし、かといって、愛想よくしてるとキリがない。

特に、年上の親戚や義理の両親など、「目上の人」にはとても気を使います。

失礼があっちゃいけない、こっちががんばって話をつながなくちゃいけない。

こういうときに必要となってくるのが、「雑談力」です。そもそも「雑談」とは、普通の会話とまったく違う、極めて繊細なコミュニケーションです。

雑談は「第3の会話」

多くの人は、

 

・仲のいい人との、気を遣わない、楽しいおしゃべり

・ちゃんとした場面で、礼儀正しく話す、大人としての話し方

このふたつぐらいしか、会話のバリエーションを持っていません。これがいわゆる、普通の会話。

 

ですが、「雑談」とは、このどちらでもない、言ってみれば「第3の会話」。微妙な間柄の人と、適当に話をしながら、なんとなく仲良くなる、とても特殊な話し方です。

それなのに、たいていは見よう見まねで「雑談」をしてしまいがち。だから当然、うまくいかないし、話が弾まない。疲れるし、しんどいというわけです。

では、具体的に、年末年始に多い「久しぶりに会ったよく知らない親戚」や「失礼があっちゃいけない義両親との雑談」は、どのようにこなせばいいのでしょうか?

「先生と生徒プレイ」がベストバランス

自分よりも上の相手と、そつなく話はするのに、ちょうどよいフレームは「先生と生徒」です。変に話を盛り上げようとせず、「相手からものを教わる」というスタンスこそが、正解となります。

相手だって、久しぶりに会ったあなたに対して、どういうスタンスで雑談したらいいかわからないでいます。だからこそ、冒頭の例のように、答えにくい質問をしてくるわけです。

ですから、ここは率先して「先生と生徒プレイ」を始めましょう。

たとえば、「最近ちょっと悩んでることがあるんですけど」と、少しだけ自己開示をして、身の上相談をする。

たとえば、相手が話している内容について、「はい!」と生徒のように挙手をして、「●●って○○なんですか? 教えてください!」と質問をする。

あっちも「あ、そういうことなら」と落ち着きを取り戻し、いろいろ教えてくれることでしょう。これこそが、目上の人との雑談におけるベストバランス。「相手が上、こっちが下」という関係はそのままに、まるで楽しく会話が弾んでいるような雰囲気が出来上がります。

「全然わからないんですけど〜」「門外漢で恐縮ですが〜」と言いながら、素直にへりくだってレクチャーしてもらえば、あっちは気分がいいし、こちらの知識も増えて一石二鳥というわけ。

相手の「教えたい欲求」をくすぐる

人は誰しも「人に教えたい」生き物です。

マウンティングというと聞こえが悪いですが、実際相手のほうが、人生の先輩で立場が上なわけです。そういう人には、無理におしゃべりの花を咲かせるより、いい気分で「授業」をしてもらったほうが、お互いのため。

「へー、そうなんですか? 知らなかったなあ」

「うわー、ほんとですか? それで、それで?」

と、精一杯のリアクションで話を引き出していれば、なんとか雑談タイムはやりすごせます。

こっちとしてみれば、がんばって盛り上げなくてもいい。すすんで話題を提供する必要もないし、プライバシーに踏み込まれることもありません。

いかがでしょう?

気を使う親戚や義理の家族相手には「先生・生徒プレイ」で、あいまいな上下関係をキープする。

ぜひ大いに活用して、帰省時のめんどうな人づきあいを乗り切ってください!

※書籍『超雑談力』から一部を抜粋・再構成して掲載しています。