人に助けを求めるとき、頼りになる”公式”。

(ペイレスイメージズ/アフロ)

あなたの周りには、どういうわけか人に助けを求めるのが抜群に上手な人はいませんか?

彼らは、人一倍困った顔をしている、とか助けたくなるような愛嬌がある、というようにその人柄に特徴がある場合もありますが、実は、助けの求め方がとても上手。今回はこうした優れた「助けの求め方」構文を紹介していきます!

SOSの肝は「目的と状況」を伝えること

その構文とは実に単純。自分がいましたいことと、それを行うに当たって何が障害になっているかを相手に素早く伝えます。つまり、「これがしたい」+「これがわからない」という公式を使うわけです。

例えば職場で、会議用資料のコピーの仕方がわからないとします。こんな時には「いま

この記事は有料です。
五百田達成の「人づきあいがラクになる!コミュニケーション心理学」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

五百田達成の「人づきあいがラクになる!コミュニケーション心理学」のバックナンバー2017年3月サンプル記事

五百田達成

価格

540(記事3本)

2017年3月号の有料記事一覧

すべて見る

あらゆる人づきあいに役立つ、ニュース&コラム。「コミュニケーション」「仕事と人間関係」「心理学・社会心理学」「言葉とメディア」「企業研修・カウンセリングの現場」「ビジネスに役立つアドバイス」などさまざまな角度から、人間関係が楽になり毎日が生きやすくなる知識・ヒントをお届け。 ーー情報よりも 視点、テクニックよりも心がまえーー 日常を変えるちょっとしたきっかけにしていただければ幸いです!

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

《15万部「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」》《35万部「察しない男 説明しない女」》角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「男女コミュニケーション」「きょうだい型(生まれ順)性格分析」「ことばと伝え方とSNS」をテーマに執筆・講演。米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー。