知らないと、人間関係がものの見事に破綻する、正しい"励まし方"。

(写真:アフロ)

人を励ますのって、難しいですよね。「頑張れ」が逆に相手を追い詰めることになってしまうかもしれない。でも「何とかなるよ」では無責任に聞こえてしまいます。

先日も、友人が「彼氏が仕事で疲れているようだけれど、職種や立場も全く違うし、どう励ましたらいいのかわからない」という相談を受けました。

相手と働いている環境が違うといった場合には、その仕事の内容や職場の雰囲気にも詳しくないために、励ますことがより難しくなりますよね。励ましたいけれど、どんなふうに言えばいいのかわからない……。

今回は、私が人を励ます際に気を付けているポイントを、カウンセリングの視点も踏まえて、いくつか紹介します。

もっともNGであり、人類の歴史上、この言葉のおかげで実に多くのケンカが起きているフレーズ、それが

この記事は有料です。
五百田達成の「人づきあいがラクになる!コミュニケーション心理学」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

【お知らせ】

この商品は、9月27日をもちまして、販売を終了させていただきます。

なお、9月27日までにご購入いただいた記事は、販売終了後もお読みいただけます。

ご理解の上、ご購入いただきますようお願いいたします。

商品名

五百田達成の「人づきあいがラクになる!コミュニケーション心理学」のバックナンバー2016年7月サンプル記事

五百田達成

価格

540(記事4本)

2016年7月号の有料記事一覧

すべて見る

あらゆる人づきあいに役立つ、ニュース&コラム。「コミュニケーション」「仕事と人間関係」「心理学・社会心理学」「言葉とメディア」「企業研修・カウンセリングの現場」「ビジネスに役立つアドバイス」などさまざまな角度から、人間関係が楽になり毎日が生きやすくなる知識・ヒントをお届け。 ーー情報よりも 視点、テクニックよりも心がまえーー 日常を変えるちょっとしたきっかけにしていただければ幸いです!

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

《15万部「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」》《35万部「察しない男 説明しない女」》角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「男女コミュニケーション」「きょうだい型(生まれ順)性格分析」「ことばと伝え方とSNS」をテーマに執筆・講演。米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー。