「こいつ、マジむかつく!!」→ある”呪文”をつぶやくだけで、怒りがゼロになるから超不思議。

(写真:アフロ)

「許そう、貴様も誰かの家族だ」。

これは、小説家西加奈子の言葉です。何かカチンと来ることがあったとき、西さんはこの言葉を胸の内で呟き、相手のことを許してあげるのだとか。テレビでこのエピソードを語っているのを見て、思わず感心しました。

ムカつく相手に対峙した時に、思ったことをそのままぶつけては喧嘩になったり人間関係がぎくしゃくしたりしてしまいます。上司や得意先の人ならどんなに腹が立っても思ったことは言えませんよね。そういう時に、西さんのように「胸の内で呟く呪文」を持っておくと、カチンと来た時にもスッと怒りを鎮めることができます。

今回は、そんな「胸の内ワード」をいくつか紹介しましょう。

「○○なら負けないし」

趣味でボクシングをやっている知人がいるのですが、彼は上司にどんなに嫌味を言われても「最悪こいつ

この記事は有料です。
五百田達成の「人づきあいがラクになる!コミュニケーション心理学」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

五百田達成の「人づきあいがラクになる!コミュニケーション心理学」のバックナンバー2016年2月サンプル記事

五百田達成

価格

540(記事4本)

2016年2月号の有料記事一覧

すべて見る

あらゆる人づきあいに役立つ、ニュース&コラム。「コミュニケーション」「仕事と人間関係」「心理学・社会心理学」「言葉とメディア」「企業研修・カウンセリングの現場」「ビジネスに役立つアドバイス」などさまざまな角度から、人間関係が楽になり毎日が生きやすくなる知識・ヒントをお届け。 ーー情報よりも 視点、テクニックよりも心がまえーー 日常を変えるちょっとしたきっかけにしていただければ幸いです!

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

《10万部「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」》《35万部「察しない男 説明しない女」》角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「男女コミュニケーション」「きょうだい型性格分析」「ことばと伝え方とSNS」をテーマに執筆・講演。米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー。