小池百合子都知事、政党代表辞任を発表 その時都民ファーストの会幹部は

TOKYOMX「選挙CROSS」で小池百合子都知事に「二元代表制」ついて聞いた

小池百合子東京都知事は、先ほど、記者団に対し「二元代表制で懸念があることを想定し、知事に専念する」として、都民ファーストの会の代表を辞任する意向を示した。

筆者は昨日、TOKYOMXの都議会議員選挙特番「選挙CROSS」で小池さんに直接インタビューした。「首長と政党代表とを切り分けられるのか?」と質すと、「できる」と自信を示していただけに、なぜこの決断に至ったのか疑問を強く感じている。

小池知事の発表を受け、先ほど正午過ぎに、都民ファーストの会、音喜多駿幹事長に聞いた。

Q.

いつ代表辞任の知らせを聞いたのか?

A.

会見が行われる直前に聞いた。

「正直、えっ」と思った。小池さんらしいところでもある。党内運営の難易度は上がると思う。

有権者の中には小池さんにいれた方もいると思うので、批判は免れない。

自分もこれから支持者に説明をする。

Q.

なぜ代表辞任か?

A.

二元代表制を保つためにということだと思うが、驚いた。

Q.

小池さんが代表を退くことで党内への影響は?

A.

小池さんがいうなら、ということで納得することもある。

Q.

小池さんはいつ代表辞任を決めたのか?

A.

小池さん本人は選挙戦中に決めていたのかもしれない、しかし、政治家の出処進退は本人が決めるものなので分からない。