シングルマザーや低所得世帯の住宅問題に朗報 ビレッジハウス見学記

福岡市香椎浜にあるビレッジハウス

 突然の連絡

米国不動産投資会社フォートレス・インベストメント・グループという聞き慣れない会社の方から、連絡を受け、雇用促進住宅を西日本地域に600棟買い上げ、貸出しを始めているから、紹介したいという連絡を4月に受けた。よくわからなかったが話を聞く事にした。

今まで雇用促進住宅は、なかなか入居できないのに、空室が多いと聞いていたが何が起こっているのだろう?

話を聴くと、なんとその会社が、西日本地域の雇用促進住宅を一括買い上げ、その個数は6万戸もありリノベーションして貸し出しを始めているという。

それは見学してみる価値がある、見学しないと判断できない、そう思って、私は4月に関西地域、そして5月に福岡市内に見学に出かけた。

現在、このグループは、3万5000戸の貸し出しを始めている。名付けて、ビレッジ・ハウスというのだ。

低家賃の住宅、交通の便はいろいろ

まず、兵庫県伊丹市の2Kの団地を訪れた。

画像

伊丹駅からバスで15分、さらに歩いて6分という住宅地域にある団地である。交通の便はあまりよくない。

2Kの部屋は、入ってすぐ台所があり、4畳半の部屋と南側に6畳の部屋があり、29平米の作りである。家賃は3万5000円と低価格だ。リノベーションしていない畳だけの部屋は昭和の雰囲気だが、なんと言っても、低価格の家賃が魅力だろう。

続いて、同じ団地のフローリングなどリノベーションした2Kの部屋も見た。こちらは、ソファが置かれ、ふすまもクロスが貼られて、モダンな雰囲気が漂う。年齢の子供の居るシングルマザーや、単身者に向いていると言う印象だった。

画像

隣の宝塚市の団地へ。こちらは、市営団地も隣にあるところ。雇用促進住宅時代に、2Kを二つつなげて、3DKの広さにして貸していた。6畳、6畳、4畳半とダイニングキッチンがあり、風呂と脱衣場や洗濯機スペースもある。充実した作りで、家賃は5万円程度ということだった。

画像

この広さでフローリングにリノベーションしてあると、かなりゴージャスな印象を受ける。

駅から12~3分でこの広さ、この家賃ならば、シングルマザー世帯は、子供が大きくなるまで、この地域で暮らせると思われた。

団地の敷地は、ゆとりがある作りとなっている。

自治会はしっかりしている印象

10数年にわたって、新規募集をしていなかったと聞いていたので、ゴーストタウンのイメージもあったが、そんなことはない。自治会があり、ゴミ捨ての注意などが書かれている。そして、パンジーなど花がが植え込みには植えられていて、心が和んだ。

近くには、保育園、小学校、放課後デーザービスなどがあるようだった。またコンビニもすぐ近くにある。

画像

続いて、尼崎市の清水南住宅に向かった。こちらは、11階建ての大規模なタワー団地である。ロの時型で、東と西に向かって窓が向かっている。工場地帯にある。やや機械的な印象のある建物だったが、敷地が非常に広く遊具もあるし、集会所は和室洋室ともに広く、ここでいろいろなことができるのでは、と思った。

福岡市内、通勤に便利な地域にも

5月には福岡市内の住宅も見学した。

香椎浜にある住宅は、ちょっとおしゃれなデザインの14階建ての150戸の住宅である。築30年のこのビレッジハウスの中では新しい建物。

画像

2LDKの間取りで南側に二部屋あるのがいい。

画像

バスの営業所の隣地で福岡中心部まで高速道路が通り、バスの便もいいので通勤に便利だ。また買い物もイオン、コンビニなどがあり、便利そうだった。

広い庭があり、子どもたちが遊べるスペースは広い。

画像

福岡市内のシングルマザーは月に14万円くらいの収入が平均的だという。児童扶養手当が4万円弱なので、なんとか払える額ではないか。子どもが大きくなっても住んでいられそうなのが魅力的だった。

福岡市内はそのほか、桧原(3DK、1970年築、90戸、賃料は43000円~47000円)、姪浜(2K、1972年築、160戸、38000円~42000円)などを見せてもらった。桧原は福岡市中心部からは遠いが、間取りは十分。姪浜はユニクロも近く、便利は抜群。小さい子のいる母子世帯か、単身向きの広さと感じた。またエレベーターがあるなしも違う。

NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福岡の理事長の大戸はるみさんは「福岡の東、南、城南、西とまんべんなく広がっており、部屋の広さや間取りの問題はありますが、学校区を変わりたくないなどのニーズに応えられるかと思いました。 またバス路線が発達しているので、所用時間を気にしなければ、交通の便利はそれほど悪くないところばかりでした。 急いで探さないといけない事情がある場合などに、手続きがそれほど面倒でなく、すぐ入居でき、初期費用が少なくて済むことはなによりだと思います」とコメントしています。

ビレッジハウスは、リノベーションによっては家賃が上がる仕組みでエアコンを入れたら2000円家賃が上がる。

入居に際し、敷金だけで、礼金や手数料は不要、保証人も不要(保証協会を利用)。保証協会は2社あるという。

また、公営住宅のように、抽選で入居が決まるということもなく空室があれば、手続きをして入居ができる。

1960年代、70年代の建築もあり、築年数が古いが、心配はないのだろうか。

フォートレスの担当者は「雇用促進住宅は古いが躯体はしっかりしている。70年は大丈夫」という。また、耐震工事の入っているところもあった。私は建築の専門家ではないので、こうした点も外部からの知見も今後求めたい。

日本のシングルマザーの平均年間就労収入は181万円。フルタイムで働いていても収入を上げていくのは厳しい。家計の収支を考えていくときに支出の3割~4割を占める、住宅費をどう抑えていくのかは、その世帯の生活の安定に大きくかかわる。教育費の捻出や老後の貧困を防ぐためにも住宅費の問題は大きい。

また、住宅問題に詳しい人からは、コミュニティをどう形成するか、集会室の利用や、若い人に入ってもらう、あるいは市民農園などの試みなどの案も出ていた。

見学した印象では、ぜひ東日本地域での落札・貸し出しも待ちたい。

ビレッジハウスは静岡以西の貸出を始めている。家賃にお金をかけられない、住宅探しをしている人々にこの情報が届いてほしい。そして自分の目で確かめてもらいたい。

https://www.villagehouse.jp/ja/