Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無慈悲で厳格な指揮官アルテタへの信頼【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

現場を離れればアルテタはナイスガイのイメージだが

無慈悲で厳格な指揮官アルテタへの信頼【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

方向性がまったく見えなかったアーセナルに、確かなビジョンとプランをもたらしたアルテタ監督。志向するプレースタイルも明確だ。(C) Getty Images

 明確なビジョンとプランを打ち出しているのは、いつ以来か。プレミアリーグは8位に終わったとはいえ、指揮官の仕事は評価に値する。然るべき時に無慈悲になれる厳格なアルテタこそ、アーセナル再建を託せる監督だ。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2020年8月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載) ―――◆―――◆―――  プレミアリーグが強いられた約3か月の中断中、選手と監督のコミュニケーション方法は変わった。  練習場でほぼ毎日顔を合わせられなくなったため、『Zoom』や『WhatsApp』といった通信手段を使ってリモートでコミュニケーションを取っていた。  ある監督は、これが想像以上に難しいものだとこぼしていた。顔を見て話せないとプロフェッショナルとしてのスタンダードが崩れていくと、彼はそう感じていた。この指導者は選手

本文:4,818文字

写真:2
  • エジル(左)とゲンドゥジ(右)は「個人を優先している」とアルテタ監督は考えている。姿勢を改めない限り二人に居場所はない。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます