Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

優勝には値するが称賛はできないレアル・マドリー【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

いまのバルサを見たらクライフはなんと言うか…

優勝には値するが称賛はできないレアル・マドリー【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

ジダン監督の効率重視の采配が奏功し、圧巻のラストスパートで3年ぶり34回目のラ・リーガ制覇を成し遂げたマドリーだったが……。(C) Getty Images

 再開後のラ・リーガで一度も躓くことなく勝点を積み上げたマドリーが、3シーズンぶりの優勝を決めた。彼らが王者に値するチームだったのは間違いない。しかし、効率を重視したフットボールは、あまりに退屈すぎた。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2020年8月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載) ―――◆―――◆―――  私はこの原稿を、ラ・リーガが36節を消化した時点で書いている。  レアル・マドリーがグラナダに敵地で2-1の勝利を飾り、ついにリーグ優勝に王手をかけた。残り2節。2位のバルセロナとの勝点差は4だが、マドリーはこの宿敵との直接対決を1勝1分けで乗り切っているため、たとえ勝点で並んだとしても順位は変わらない。本誌が出る頃には、優勝が決まっているだろう(編集部・注/マドリーは37節、3年ぶり34回目のリーグ優勝を決めた

本文:4,885文字

写真:2
  • 再開直後の2試合で勝点4を稼いだものの、その後は泥沼の8連敗。ELとの二足の草鞋に苦しんだエスパニョールが2部に転落した。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます