Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EURO延期で救われた「スリーライオンズ」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

SOCCER DIGEST Web

好調だったスターリングもミスの多かった以前の姿に

EURO延期で救われた「スリーライオンズ」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

予定通りにEUROが開催されていれば、満身創痍のイングランドは苦戦を免れなかったはず。このケイン(左)とラッシュフォード(右)も参加が難しかった。(C) Getty Images

 イングランド代表のサウスゲイト監督は、おそらく安堵しているに違いない。EURO2020の1年延期で確保できたのは、十分な準備期間。怪我や不振に見舞われていた少なくない主力たちの復調が、大いに期待できる。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2020年5月21日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載) ―――◆―――◆―――  常に言動が正しく、機知に富み、信頼に足る著名人は、現代社会においてそれほど多くない。  ガレス・サウスゲイトは、信頼できる数少ない著名人の一人だ。2016年11月にイングランド代表監督に就任してから、彼は数々のデリケートな事案に直面してきたが――代表チームの規律問題、情報漏洩のリスクを抱えていたロシア・ワールドカップ(W杯)前のセキュリティー不安、敵地ブルガリアで受けた差別といった事案だ――そのたびに真摯か

本文:4,846文字

写真:3

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます