Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加部究のフットボール見聞録「選手権決勝で感じた、育成の難しい“さじ加減”」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

浦和南との伝説の名勝負が選手権人気定着のきっかけに

加部究のフットボール見聞録「選手権決勝で感じた、育成の難しい“さじ加減”」

鹿島加入内定の松村らを中心に、テクニックで勝負した静岡学園が選手権を制覇。この育成の成果が、未来にどうつながるか。(C)SOCCER DIGEST

 日本男子柔道チームの体力強化部門長を務め、ボディビルダーとして「バズーカ」の異名をとる岡田隆氏に話を聞く機会があった。筋トレ導入のタイミングを問うと「早く始めると背が伸びない」というデータはないそうだが、「とても繊細な判断が必要だ」と強調していた。  どんな競技でも最優先するのはスキルの習得である。「筋トレは筋肉に負荷が集中するので、成長も速いがダメージも大きい。でも身体に痛みを覚えた状態で適切にスキルを磨けるのか」という問題が浮上する。例えば阿部一二三は、ほとんど筋トレをしないで世界選手権連覇を達成。「(筋トレを)しないで勝ち続けられるなら、それに越したことはない」という。反面フィジカルを上乗せしないと次のステージへ進めない選手も当然存在するわけで、だからこそ指導者には繊細な判断が要る。  静岡学園のコンセプトは、井田勝通総監督が着任した1970年代から変わっていない。

本文:1,710文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    SOCCER DIGEST Webの有料記事

    PayPay残高使えます