Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桂ざこばさん「塞栓性脳梗塞」「左中大脳動脈閉塞症」で緊急入院

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 落語家の桂ざこばさん(69)が左中大脳動脈閉塞症、塞栓性脳梗塞のため大阪市内の病院に緊急入院したことが28日、ざこばさんが所属する米朝事務所から発表された。しばらくの間、落語会やテレビのレギュラーなどを休演する。

落語会やテレビもしばらくの間休演

 所属事務所の発表によると、ざこばさんは27日、6月1日に初日を迎える大阪松竹座の六月公演「銀二貫」に出演するため、その稽古に向かっていた際、体調を壊し大阪市内の病院に緊急入院。精密検査の結果、左中大脳動脈閉塞症、塞栓性脳梗塞と診断され、1か月以上の入院を要するという。  このため、同事務所は「銀二貫」を休演し、高田次郎さんと桂米団治さんがダブルキャストの形で代役を務めることも発表した。  また、落語会やレギュラー出演しているMBS毎日放送の「ちちんぷいぷい」、読売テレビの「そこまで言って委員会NP」などの仕事も、しばらくの間休演する。

大阪松竹座前で心配そうにポスター見つめる人も

 28日午後、大阪市中央区の松竹座前を通ると、「銀二貫」ポスターのざこばさんの部分に、休演を知らせる告知がはられていた。  それを心配そうに見つめていた大阪市中央区の女性(64)は「ニュースを見てビックリした。さっきテレビ(そこまで言って委員会NP)をみてたからショックですね。ゆっくり治して、またいつものように元気な姿をみせてほしい」などと話していた。

【関連記事】

最終更新:
THE PAGE