Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜラ・リーガを中止にできなかったのか?もしメッシがコロナに感染したら…【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

SOCCER DIGEST Web

無観客開催にしたところで選手同士は必ず接触する

なぜラ・リーガを中止にできなかったのか?もしメッシがコロナに感染したら…【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

バルサでも練習が再開されたが、接触プレーが避けられないフットボールの性質を考えても、中止の決断を下すべきだったのでは……。(C) Getty Images

 再開に向けて、各クラブが本格的に動き出した。ラ・リーガは6月中旬からの約2か月で残りの11節分を消化するという。感染のリスクがある中で、なぜ中止にできなかったのか。選手の身になにかあってからでは遅いのだ。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2020年5月21日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載) ―――◆―――◆―――  この原稿を書いている5月3日の時点で、ラ・リーガは再開に向けて活発に動き出している。   5月6日から11日までの間に、1部と2部の全クラブが個人練習をスタートするという。トレーニング施設を殺菌消毒したあと、すべての選手やスタッフを対象にPCR検査を実施し、全員が陰性だった場合のみトレーニングが再開できる。選手は自宅でウェアに着替え、施設内ではマスクや手袋を着用し、練習を終えたら速やかに帰宅することが義務付

本文:4,349文字

写真:2

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます