木村肇

なぜスクープを連発できるのか  新谷学・週刊文春編集長を直撃

3月7日(月)8時36分配信

 次から次へと繰り出されるスクープ記事に、日本中が盛り上がっている。ベッキー女史&「ゲスの極み乙女。」川谷絵音氏の不倫疑惑、甘利明大臣(当時)への金銭授受証言、清原和博元プロ野球選手の覚醒剤逮捕、育児休暇取得を謳った宮崎謙介議員(当時)の不倫疑惑、そして直近では首相補佐官の河井克行議員による暴行疑惑……。

 年初からの連投スクープは、いずれも「週刊文春」によるものだ。新聞やテレビも「文春」による一報を追いかけてばかり。ネットを見ると「文春砲!」、ベッキーが呟いたとされる「センテンス・スプリング!」という言葉も溢れている。メディアもネットも、週刊文春のスクープに引っ張られているような状態だ。

 そこで多くの人が同じことを考えている。

 なぜ「週刊文春」ばかりがスクープを打てるのか──。それならば同誌と同様、直撃するのが流儀というものだろう。同誌編集長の新谷学氏に深掘りで聞いてみることにした。(ジャーナリスト・森健/Yahoo!ニュース編集部)

深層クローズアップ 連載記事(27)

さらに読み込む

Facebookコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。