新潟大教授がインナーマスク開発 ウイルス低減に効果

新潟大教授がインナーマスク開発 ウイルス低減に効果

新潟大の榛沢和彦特任教授は20日、生地の繊維に酸化チタンなどの金属を練り込むことでウイルスの低減効果があるインナーマスクを開発したと発表した。新型コ…

4月20日(月) 20時48分-社会(共同通信)

2016年「化学賞」は誰の手に? 日本科学未来館がノーベル賞予想

2016年「化学賞」は誰の手に? 日本科学未来館がノーベル賞予想

…も効いていきます。親水性とは水になじみやすい性質のことです。図のように、酸化チタンの表面に汚れと水滴がついたとします。紫外線が当たると、酸化チタンの表…

2016年10月2日(日) 22時20分-科学(THE PAGE)