お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
カテゴリを絞り込んで検索しています。すべてのカテゴリを対象にして再検索
  • すべて(244)
  • 記事(244)
  • 写真(0)
  • 映像(0)
  • 雑誌(0)
  • 個人(0)

千葉工大など、南鳥島周辺の海底マンガン団塊で高精度な探査技術確立。6万平方キロ内に高密度分布

千葉工業大学・次世代海洋資源研究センターは、産業技術総合研究所、東京大学、海洋研究開発機構、神戸大学と進めている音波を用いた海底鉱物資源探査の共同研究の中で、南鳥島(小笠原諸島)周辺の排他的経済水域…

12月12日(木) 6時4分-産業(鉄鋼新聞

日印鉄鋼対話、来年早々にも実現。貿易問題など幅広く協議

日本、インド両国の鉄鋼対話が来年早々にも開かれる見通しとなった。インドとの鉄鋼対話は、開催を前提に両国間で数年前から調整が進められていたが、ようやく実現する。インドは2018年に粗鋼生産で世界2位に…

12月12日(木) 6時4分-産業(鉄鋼新聞

神鋼商事と和伸工業、越アルミ押出合弁に抽伸機新設。有機感光体用抽伸管を生産

神鋼商事とアルミ押出メーカーの和伸工業のベトナムにおけるアルミ押出・加工合弁「ビナ・ワシン・アルミナム」(VWA)は抽伸ラインを新設する。約4億円を投じて、工場敷地内に新建屋を建設するとともに抽伸機…

12月11日(水) 6時6分-産業(鉄鋼新聞

日本製鉄の高付加価値フィン付きチタン管、漁船用冷凍機に初採用

日本製鉄は10日、表面加工で熱交換効率を高めたチタン管が漁船用冷凍機の熱交換器に初採用されたと発表した。熱交換器の小型化や能力向上に有効な「チタンローフィンチューブ」と呼ぶ高付加価値製品で、冷凍機器…

12月11日(水) 6時6分-産業(鉄鋼新聞

中国の11月鋼材輸出、8カ月連続減の458万トン。19暦年も4年連続減少へ

中国税関総署が発表した貿易統計によると、11月の鋼材輸出は前年同月比14%減の457万5千トンとなり、8カ月連続の前年割れだった。500万トン割れは2カ月連続となる。 中国内の鋼材市況は海外市況より…

12月10日(火) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

アルミ厚板需要、低調のまま越年。”来年半ばの回復”に期待

アルミ厚板の回復は来年に持ち越しとなりそうだ。米中貿易摩擦の激化により昨年秋ごろから調整入りした厚板は、主力の半導体・液晶製造装置向けの減速を受けて需要が減少。最近では一部液晶製造装置関連に動意も感…

12月10日(火) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

コベルコマテリアル銅管、下期国内販売量4%増へ。空調関連需要堅調

銅管国内最大手メーカーであるコベルコマテリアル銅管(本社・東京都新宿区、社長・角田秀夫氏)は2019年下期(10~3月)の国内事業の販売数量を、前年同期比約4%増となる月間4770トンと見込んでいる…

12月9日(月) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

鉄鋼業界首脳、梶山経産相と意見交換。過剰能力、温暖化対策など

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)、橋本英二副会長(日本製鉄社長)、山口貢副会長(神戸製鋼所社長)らは6日、東京都内で梶山弘志経済産業相と懇談し、鉄鋼業界の現状や地球温暖化対策、税制な…

12月9日(月) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

日鉄建材の砂防堰堤構築用「SBウォール工法」、災害復旧で需要増。採用実績400件超

日鉄建材(社長・中川智章氏)が展開する砂防堰堤構築技術「SBウォール工法」が災害復旧に威力を発揮し採用実績を伸ばしている。現地の掘削などで発生した土砂をソイルセメントとして内部材に活用した環境に優し…

12月6日(金) 6時2分-産業(鉄鋼新聞

古河電工、抵抗材料向け銅合金製品販売量の倍増目指す。自動車・電子分野を拡販

古河電工は抵抗材料として用いる銅合金製品の販売数量を今後3年内をめどに倍以上に増やしたい考えだ。抵抗材料は合金成分の工夫などで電気抵抗値を安定化・向上させたもの。銅合金線は成長が見込まれる自動車用シ…

12月6日(金) 6時2分-産業(鉄鋼新聞