お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
カテゴリを絞り込んで検索しています。すべてのカテゴリを対象にして再検索
  • すべて(238)
  • 記事(238)
  • 写真(0)
  • 映像(0)
  • 雑誌(0)
  • 個人(0)

対中スクラップ輸出価格/買い手市場化で下押し気配/輸入ライセンス制導入が影響

中国の環境施策により7月1日から始まった込銅など第6類に属するスクラップのライセンス制による輸入制限から約1カ月が経過する中、日本の対中輸出価格に下押し気配が生じている。ライセンス制により中国メーカ…

8月19日(月) 6時8分-産業(鉄鋼新聞

6月の普通鋼鋼材受注、9.5%減。12カ月連続で減少

日本鉄鋼連盟が16日発表した普通鋼鋼材受注統計によると、6月の受注量は前年同月比9・5%減の514万トンにとどまり、12カ月連続で前年同月実績を下回った。国内向け(内需)、輸出向けともに減少。内需は…

8月19日(月) 6時8分-産業(鉄鋼新聞

アルミ板、中国材輸入が急増。上期は2倍の3万トン、産業用箔地も増加傾向

中国製アルミ板の輸入量増加が止まらない。2019年上期はすでに3万トン弱に達しており、過去最高だった昨年の3万5千トンをうかがう勢いを見せている。中国材を採用する市場も広がりを見せているもようで、昨…

8月16日(金) 6時4分-産業(鉄鋼新聞

シャッターメーカー、防水商品を開発・拡販。集中豪雨対策などニーズ捕捉

シャッターメーカー各社は近年、集中豪雨対策として防水商品の開発・販売に力を入れている。想定を超えた浸水被害を防ぐ新たな建材へのニーズや、既存製品から防水性能を持つ建材への取り換え需要が拡大している。

8月16日(金) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

関東の異形棒鋼市況、底値探る展開。原料市況も先安観後退

関東地区の異形棒鋼市況は、これまでの下落局面から底値を探る展開に移り始めたようだ。弱材料だった原料市況が強基調に転じて先安観が後退。市場関係者も秋以降の需要回復を見込んで、反転の機会をうかがう。 足…

8月15日(木) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

銅系板条の需要軟調。電子関連向け縮小、車載向けも鈍化

銅系板条の需要が軟調だ。スマホ販売が世界的に低調な中、米中貿易摩擦で中国関連需要が減速し昨秋から半導体やモバイル機器向けの電子関連需要が縮小。大幅な受注減は現在まで継続し、業界では「年末まで今の状況…

8月15日(木) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

米鉄鋼業、相次ぐ増強。電炉の鋼板能力1000万トン増、「能力過剰」招く懸念

米国の鉄鋼メーカーで能力増強計画が相次いでいる。業績が好調だったニューコアやスチール・ダイナミクス(SDI)といった電炉勢や外資系の米事業、そして米鉄鋼業の代表格であるUSスチールなどがこぞって投資…

8月14日(水) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

中国・海亮グループ、米南部に銅管新拠点。現地シェア拡大目指す

銅管世界大手メーカーの中国海亮グループは2020年内をめどに、米国南部に新拠点を開設する。同社ではテキサス州ヒューストン郊外の都市シーリー市に23万平方メートルの土地を確保し、新工場の建設を開始した…

8月14日(水) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

非鉄製錬8社・4~6月期、全社が最終減益(1社赤字に)。非鉄価格下落、需要減速

非鉄製錬大手8社の19年4~6月期連結決算が先週までに出そろった。非鉄金属価格が低調に推移したことに加え、自動車関連需要や電子部品関連需要の減少などから8社中7社が減収、全社が最終減益(赤字転落1社…

8月13日(火) 6時3分-産業(鉄鋼新聞

台湾プラスチック、西豪州の鉱山権益取得へ。2000億円で31%

台湾プラスチックグループはこのほど、鉱山権益を取得するため、グループ企業・台塑資源の増資を引き受ける、と発表した。グループ企業4社で計3億2500万ドル(約340億円)の増資を引き受ける。 関係者や…

8月13日(火) 6時2分-産業(鉄鋼新聞