お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
カテゴリを絞り込んで検索しています。すべてのカテゴリを対象にして再検索
  • すべて(236)
  • 記事(236)
  • 写真(0)
  • 映像(0)
  • 雑誌(0)
  • 個人(0)

共英製鋼のベトナム港湾事業、第2期拡張工事に着手

共英製鋼(本社・大阪市、社長・廣冨靖以氏)は16日、ベトナム南部・ホーチミン市近郊で事業化している港湾会社、チー・バイ・インターナショナル・ポート社(TVP社、バリア・ブンタウ省フーミー、社長・宮村…

10月17日(木) 6時2分-産業(鉄鋼新聞

東邦チタニウム、若松でニッケル粉増産。75億円投資、MLCC需要を捕捉

東邦チタニウム(社長・西山佳宏氏)は16日、若松工場(北九州市)にニッケル粉の新工場を建設すると発表した。約75億円を投じて、若松工場のニッケル粉生産能力を引き上げる。積層セラミックコンデンサ(ML…

10月17日(木) 6時2分-産業(鉄鋼新聞

小池酸素工業、レーザ切断後の切板「自動片付けシステム」発売。神鋼鋼板加工が導入

溶断機メーカー大手の小池酸素工業は、レーザ切断後の切板部材を自動で片付け・仕分け・集積する「片付けロボット仕分けシステム」を開発し、商品化した。板厚6~22ミリ、部材サイズが最小70ミリ×70ミリで…

10月16日(水) 6時4分-産業(鉄鋼新聞

昭和電線HDと古河電工の建設用電線合弁、21年3月期売上500億円目指す。公取の審査通過受け合弁契約締結

昭和電線ホールディングスと古河電工は15日、建設用電線にかかわる合弁事業について公正取引委員会の審査通過を受けて合弁契約書を締結したと発表した。これを受けて来年4月1日から販売合弁「SFCC」(本社…

10月16日(水) 6時4分-産業(鉄鋼新聞

古河電工、電子部品用巻線事業を強化。高付加価値品の生産設備導入

古河電工は電子部品用巻線の収益力を強化する。次世代高速通信(5G)や全てのものが情報通信ネットワークにつながるIoTの普及などで需要は中期的に拡大。生産子会社古河マグネットワイヤの白根工場(新潟市南…

10月15日(火) 6時2分-産業(鉄鋼新聞

USスチールの7~9月期、最終赤字95億円の見通し

米国の高炉メーカー、USスチールは10日、2019年7~9月期(3Q)業績の最終損益(米国会計基準)が8900万ドル(約95億円)前後の赤字になりそうだと発表した。 調整後の最終損益(非米国会計基準…

10月15日(火) 6時2分-産業(鉄鋼新聞

田中貴金属の1~9月投資用金地金取扱量、金価格上昇で買取量倍増

田中貴金属工業は10日、1~9月の投資用金地金・プラチナ地金の取扱量を発表した。金地金は販売量が前年同期比21・1%減の1万5710キログラム、買取量が同比2・1倍の2万7212キログラムだった。国…

10月11日(金) 6時6分-産業(鉄鋼新聞

プライメタルズ、Aミッタルの伯条鋼製鉄所向けに脱硫・除塵システム納入

三菱重工業系の製鉄プラント会社、プライメタルズ・テクノロジーズ(略称・PT、本社・ロンドン)は10日、アルセロール・ミッタル(AM)のブラジル・モンレヴァーデ製鉄所で溶銑脱硫と除塵システムを納入した…

10月11日(金) 6時5分-産業(鉄鋼新聞

18年度のスチール缶リサイクル率、8年連続90%超え・92%

スチール缶リサイクル協会(理事長・中村真一日本製鉄副社長)は9日、2018年度のスチール缶リサイクル率が92・0%だったと発表した。11年度から8年連続で90%を超え、20年度を目標年度とする自主行…

10月10日(木) 6時4分-産業(鉄鋼新聞

電熱線・帯のシルバー鋼機、本庄工場を拡張移転。生産効率化で能力拡充

電熱線・帯国内最大手メーカーのシルバー鋼機(本社・東京都中央区、社長・塚本高志氏)は主力製造拠点の本庄工場(埼玉県本庄市)を近隣地に拡張移転した。産業機器や自動車関連需要を捕捉し事業を拡大させること…

10月10日(木) 6時4分-産業(鉄鋼新聞