田原総一朗氏 最愛の妻亡くし「もう生きていけないと思った」

田原総一朗氏 最愛の妻亡くし「もう生きていけないと思った」

長年連れ添った夫婦にも、いつかは別れの日が訪れる。それは特に夫にとって、人生を一変させるほどの深刻なダメージになる。その体験談に耳を傾けると、妻との別れと向き合うことの難しさ、大変さがよくわかる。 …

11月23日(木) 7時0分-ライフ総合(NEWS ポストセブン)

借金も個人保証もしなくて済む不動産投資、ABSとは

借金も個人保証もしなくて済む不動産投資、ABSとは

今や年金受給年齢“75歳”という数字まで見えてきた。国や会社を頼れない以上、個人でどうにかするしかない。大前研一氏は、定年後も「月15万円」稼ぎ出すことを目標とすべきだと提案する。 * * * 手っ…

11月23日(木) 7時0分-経済総合(NEWS ポストセブン)

週刊金曜日が「大ブーメラン」 産経記事の「捏造」「誤報」批判で「盗用」

週刊金曜日が「大ブーメラン」 産経記事の「捏造」「誤報」批判で「盗用」

…ない初版だった。 週刊金曜日は05年、配信契約を結んでいない共同通信と時事通信の記事を「無断使用」したとして謝罪記事を掲載。「『盗用』と指摘されてもい…

11月22日(水) 17時35分-社会(J-CASTニュース)

大谷翔平MLB移籍 3年目以降大型契約望むなら打者専門が有利

大谷翔平MLB移籍 3年目以降大型契約望むなら打者専門が有利

…「人間国宝」「世界遺産」──本誌『週刊ポスト』がそう形容してきた日本ハム・大谷翔平(23)が、驚くほど格安で“輸出”されようとしている。昨年12月に導入されたメジャーの新労使協定によって、25歳未満の…

11月22日(水) 11時0分-スポーツ総合(NEWS ポストセブン)

中国大使館が裏活動 意外な組織に潜む禁じ手に日本は無防備

中国大使館が裏活動 意外な組織に潜む禁じ手に日本は無防備

中国の対日工作機関は網の目のように広がり、日本の中枢に浸透している。最も知られる情報機関は、国務院(中国政府)に所属する「国家安全部」。詳しくは後述するが、ここから様々な組織に「工作員」が潜り込んで…

11月22日(水) 7時0分-中国・台湾(NEWS ポストセブン)

禁煙派「小池都知事」タバコ業界紙の“御用キャスター”で仰天発言連発の過去

禁煙派「小池都知事」タバコ業界紙の“御用キャスター”で仰天発言連発の過去

…も受動喫煙防止を=全国初条例、保護者に努力義務-子ども対象・東京都』(時事通信・10月5日『喫煙規制「やる気あるのか」=小池都知事、厚労省案を批判』(…

11月22日(水) 6時45分-政治(デイリー新潮)

民進・大塚代表が定例会見(全文3完)民主主義重んじる勢力、視野に入っている有料

民進・大塚代表が定例会見(全文3完)民主主義重んじる勢力、視野に入っている

民進党の大塚耕平代表が21日午後0時から党本部で定例会見を行った。 ※一部、判別できない個所がございますことをご了承ください。

11月21日(火) 16時11分-政治(THE PAGE)

「村上佳菜子は逸材」とテレビ業界 増田明美二世の呼び声も

「村上佳菜子は逸材」とテレビ業界 増田明美二世の呼び声も

男子では羽生結弦(22)が9日に行なわれたNHK杯をケガで欠場、女子ではケガから11か月ぶりの復帰を果たした宮原知子(19)が同大会でジャンプにミスが出て5位に終わるなど活気がないフィギュア界。そん…

11月21日(火) 16時0分-エンタメ総合(NEWS ポストセブン)

姉妹都市に慰安婦像… 小池都知事はソウルにどう対応?

姉妹都市に慰安婦像… 小池都知事はソウルにどう対応?

米サンフランシスコ市で11月14日(日本時間15日)、市内に設置されている慰安婦像と碑の寄贈を受け入れる決議が市議会で可決された。この像はもともと、在米韓国系団体と連携している在米中国系団体が私有地…

11月21日(火) 7時0分-社会(NEWS ポストセブン)

トランプ「アジア歴訪」総決算(中)噛み合わなかった米中「対北」「貿易」問題

…ルし、「現代の皇帝」としての威信を示す狙いをこめていた、と言えよう(『時事通信』11月8日、『読売新聞』11月9日)。 翌9日、米中両首脳は北京の人民…

11月20日(月) 16時21分-国際総合(新潮社 フォーサイト)

時事通信をYahoo!サービスで再検索:
ウェブ
知恵袋