北海道上ノ国沖で風力発電の可能性 電源開発が海底地盤調査

北海道上ノ国沖で風力発電の可能性 電源開発が海底地盤調査

…されるなどのハードルがあるものの、桧山管内洋上風力連絡協議会の事務局・上ノ国町は「有望区域選定へ一歩進んだように思う」とコメントしている。

7月4日(土) 9時41分-北海道(函館新聞電子版)

函館市椴法華地区、死亡事故ゼロ9000日で感謝状

函館市椴法華地区、死亡事故ゼロ9000日で感謝状

…1位の自治体は19日現在、オホーツク管内西興部村の9271日。道南では上ノ国町の4247日が最長となっている。

6月20日(土) 10時7分-北海道(函館新聞電子版)

主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時代【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時代【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

…らは、中国製陶磁器や埋蔵渡来銭2500枚が出土している。私たちが訪れた上ノ国町の三館は、花沢館(1432~1462年頃)→州崎館(1457~1500初…

5月9日(土) 15時2分-ライフ総合(サライ.jp)

サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「勝山館」【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「勝山館」【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

…市を中心とした地域)、「松前」(松前町を中心とした地域)、「上之国」(上ノ国町を中心とした地域)の三地区に守護が置かれ、12館が維持されていたといわれ…

5月3日(日) 11時4分-ライフ総合(サライ.jp)

シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史】

…、16世紀末頃まで日本海側での政治・軍事・交易の一大拠点だった勝山館(上ノ国町)を築城した。ただし、この段階の蠣崎氏は、安東氏の代官的な地位に過ぎなか…

4月29日(水) 13時7分-ライフ総合(サライ.jp)