コロナ後の世界はどう変わるのでしょうか? 佐藤優の回答は…

コロナ後の世界はどう変わるのでしょうか? 佐藤優の回答は…

…えていることは間違いありません。 去年12月、中国の武漢でウイルス性の新型肺炎が発生したときに、それがパンデミックになると予想した専門家はほとんどいま…

6月1日(月) 6時51分-社会(週刊SPA!)

韓国で巨大クラスターが続々発生 「文在寅が威張るたびに感染爆発」と顔をしかめる人も…

韓国で巨大クラスターが続々発生 「文在寅が威張るたびに感染爆発」と顔をしかめる人も…

韓国の首都圏で新型肺炎の集団感染が発生した。極めて大型のクラスター(感染者の集団)で、それも複数だ。韓国観察者の鈴置高史氏が背景を読む。「軽症」だっ…

5月29日(金) 15時0分-韓国・北朝鮮(デイリー新潮)

武漢で再び感染拡大の危機 1100万の市民にPCR検査実施へ

武漢で再び感染拡大の危機 1100万の市民にPCR検査実施へ

…救急車で病院に搬送されたが重篤な状態だった。病院で検査を受けたところ、新型肺炎の症状を呈していた。市内では、その日のうちに新たに5人が新型コロナウイル…

5月27日(水) 7時5分-中国・台湾(NEWS ポストセブン)

峯村健司/《米中コロナ戦争》CIAと武漢病毒研究所の暗闘〈習近平はなぜ絶体絶命のピンチを切り抜けたか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】有料

峯村健司/《米中コロナ戦争》CIAと武漢病毒研究所の暗闘〈習近平はなぜ絶体絶命のピンチを切り抜けたか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

新型コロナウイルスを巡り、米国大統領、ドナルド・トランプの中国批判が止まらない。「中国国内で食い止められた可能性もあったが、実際はそうならなかった。ミスにより収拾がつかなくなってしまったのか、意図的…

5月27日(水) 6時0分-国際総合(文春オンライン)

中国ベッタリのWHO「テドロス事務局長」は「ブルントラント元事務局長」を見習え

中国ベッタリのWHO「テドロス事務局長」は「ブルントラント元事務局長」を見習え

…3年4月にジュネーブを訪れて会談を行った。毎日新聞が29日に掲載した「新型肺炎 WHO事務局長、国際協力訴える--坂口厚労相と会談」は全文をご紹介する…

5月26日(火) 5時58分-中国・台湾(デイリー新潮)

コロナは56℃のシャワーで殺菌、タバコのタールで肺を保護…中国発コロナデマ集

コロナは56℃のシャワーで殺菌、タバコのタールで肺を保護…中国発コロナデマ集

…ジョークではなく本当の話だ」 言うまでもなくタバコは健康に有害であり、新型肺炎の重症化リスクを高めると言われている。3月末に亡くなった志村けんさんも、…

5月24日(日) 11時31分-中国・台湾(デイリー新潮)

新型コロナで窮地の習近平を救った「怪我の功名」

新型コロナで窮地の習近平を救った「怪我の功名」

…なってからの習近平礼賛は不気味ほど異様で、まさに隔世の感がある。中国が新型肺炎の感染拡大で大災難に陥っていた1月下旬から3月初旬までの間、習に対する国…

5月22日(金) 18時3分-国際総合(ニューズウィーク日本版)

台湾が世界有数のマスク生産大国となった理由

台湾が世界有数のマスク生産大国となった理由

…した頃、台湾政府はすでに警戒を高めていたという。12月中旬には、中国で新型肺炎の確定例が増加。台湾では2020年1月21日に初めて感染者が確認された。

5月22日(金) 5時25分-経済総合(東洋経済オンライン)

緊急事態下で跋扈する「自粛警察」。SNSの先行事例で考える"地雷"を踏んでしまう人許される人の違い、その背景にある社会の潮流とは?【橘玲の日々刻々】

新型肺炎による緊急事態宣言で政府・自治体が国民に自粛を求めたことで、「自粛警察」なるものが跋扈しているらしい。営業を続ける飲食店や遊興施設に休業を求…

5月21日(木) 21時1分-経済総合(ダイヤモンド・ザイ)

米国の対ファーウェイ禁輸措置と台湾TSMCの半導体工場誘致の深層

米国の対ファーウェイ禁輸措置と台湾TSMCの半導体工場誘致の深層

…(サプライチェーン)から分離する米国の戦略は確実に進展している。拙稿「新型肺炎から垣間見えた、対中・半導体ビジネスの危うさ」で指摘した「部分的分離」戦…

5月20日(水) 7時0分-経済総合(日経ビジネス)