ダリオ氏のヘッジファンド戦略が身近に、リスクパリティーETF登場

ダリオ氏のヘッジファンド戦略が身近に、リスクパリティーETF登場

…ンフレ連動債(TIPS)がポートフォリオで最大の比重を占め、これ以外に世界の株式、商品、米国債、現金に配分する計画。シャヒディ氏によると、11月にもニ…

8月20日(火) 15時54分-経済総合(Bloomberg)

2019年7月の水関連株式市場

2019年7月の水関連株式市場

…世界株式市場は、MSCI世界株価指数(現地通貨ベース)で上昇しました。世界の株式市場は、月初から米中首脳が通商協議再開で合意したことや、低調な米ISM…

8月20日(火) 15時0分-株式(幻冬舎ゴールドオンライン)

原油価格はほぼ横ばい、貿易摩擦緩和への期待などが支援

原油価格はほぼ横ばい、貿易摩擦緩和への期待などが支援

…を作ったと指摘した。主要国中銀が景気刺激策を打ち出すとの期待の高まりで世界の株式市場が上昇したことも、原油相場を支えている。中国は20日、企業の借入コ…

8月20日(火) 11時41分-中東・アフリカ(ロイター)

自国優先主義で株波乱 長期上昇相場は続く(藤田勉)

自国優先主義で株波乱 長期上昇相場は続く(藤田勉)

…世界の株式相場が足元で不安定さを強めている。直接のきっかけとされたのは米中貿易摩擦の激化による世界景気の失速懸念だ。筆者は今回の大幅下落は一時的な調整…

8月20日(火) 7時47分-経済総合(NIKKEI STYLE)

米景気に後退の予兆?--日本株は「買い場」の判断を再び強調

米景気に後退の予兆?--日本株は「買い場」の判断を再び強調

…ら、米中対立が緩和するか激化するか、トランプ発言によって思惑が変わり、世界の株式市場が振り回されている。1~4月まで、米中協議の「合意が近い」とのトラ…

8月19日(月) 10時29分-IT総合(ZDNet Japan)

“経済分析のプロ”が「日本株の底入れはまだ先」と見る理由

“経済分析のプロ”が「日本株の底入れはまだ先」と見る理由

…大幅な通貨安に見舞われました。これら複数の政治的な不確実性の高まりが、世界の株式市場の重しとなっています。夏季休暇となる8月は金融市場が不安定になりや…

8月16日(金) 6時10分-経済総合(MONEY PLUS)

2020年リーマン・ショックが起きる?--不安材料は多いが、リーマン級の経済危機はないと考える理由

2020年リーマン・ショックが起きる?--不安材料は多いが、リーマン級の経済危機はないと考える理由

…すると考えられていた。それだけに、リーマン破綻のニュースで衝撃が走り、世界の株式市場は大暴落した。 この衝撃から、一時的に世界中で「需要消失」が起こり…

8月14日(水) 10時59分-IT総合(ZDNet Japan)

アルゼンチンペソ続落、大統領予備選の余波続く 債券も値下がり

アルゼンチンペソ続落、大統領予備選の余波続く 債券も値下がり

…12日のペソ急落は、米中貿易摩擦や香港のデモですでに神経を尖らせている世界の株式市場に動揺をもたらした。ラボバンクのストラテジスト、マイケル・エブリー…

8月14日(水) 0時22分-中東・アフリカ(ロイター)

金価格が1トロイオンス=1,500ドルを突破

金価格が1トロイオンス=1,500ドルを突破

…争の激化への懸念がさらに高まりました。これを受けてリスク回避の動きから世界の株式市場が不安定化する中、安全資産としての金は大幅上昇となりました。また米…

8月13日(火) 15時0分-経済総合(幻冬舎ゴールドオンライン)

米中が報復の応酬--円高、世界株安さらに進む、日経平均は二番底模索か

米中が報復の応酬--円高、世界株安さらに進む、日経平均は二番底模索か

…ら、米中対立が緩和するか激化するか、トランプ発言によって思惑が変わり、世界の株式市場が振り回されている。1~4月まで、米中協議の「合意が近い」とのトラ…

8月13日(火) 10時25分-IT総合(ZDNet Japan)