Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高野龍昭

高野龍昭

認証済み

東洋大学ライフデザイン学部准教授/介護支援専門員

報告

細田氏は衆議院島根1区選出(1人区)の代議士です。この島根1区は高齢化と過疎化がわが国のなかで最も進行している地域のひとつです。 件の発言は、国会議員の選挙区ごとの定数が単に人口の増減だけに応じて見直されると、そうした地域から選出される議員が減少•消滅し、限界集落を多数抱えるような過疎地域・過度な高齢化が進む地域の住民の声が国政の場で代弁される機会すらなくなってしまう、という問題提起のなかで発せられたものでしょう。 衆議院議長の立場ではありますが、当該選挙区から唯一選出されている代議士であることには違いがありません。代議士としての役割を果たす•代議士として発言すること自体を、周囲から否定し過ぎるのもいかがなものかと感じます。

こちらの記事は掲載が終了しています

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア
参考になった3452

同じ記事に対する他のコメンテーターコメント

  • 花輪陽子

    シンガポール在住FP(CFPⓇ・1級FP 技能士)

    国会議員の歳費は月額129万4000円(新型コロナウイルス感染拡大を受け、2割減の103万5200円…続きを読む

  • 白鳥浩

    法政大学大学院教授/現代政治分析

    衆院の細田議長の「100万円」発言は尾を引くものであった。 細田氏の真意は、「10増10減の中で、代…続きを読む

コメンテータープロフィール

高野龍昭

東洋大学ライフデザイン学部准教授/介護支援専門員

1964年・島根県生まれ。1986年から医療ソーシャルワーカーやケアマネジャーの実務を経験し、2005年から東洋大学で介護福祉士などの福祉専門職養成と高齢者福祉・介護保険制度・ケアマネジメントの研究を行う。社会福祉士・介護支援専門員。

高野龍昭の最近のコメント