Yahoo!ニュース

西条昇

西条昇

認証済み

江戸川大学教授 (お笑い論/アイドル論/大衆芸能史)

報告

補足昭和31年に正司歌江・照江(現・照枝)・花江の三姉妹で結成された「かしまし娘」は松竹芸能の第一号タレントとして、また、朝日放送の専属として、昭和30〜40年代のテレビ界・演芸界を牽引しました。 「♪うちら陽気なかしまし娘…」で始まり途中でハモる陽気なテーマソングはオリジナルであり、三味線の歌江さんは進行役兼ツッコミとして、ギターの照枝さん花江さんの2人のボケを上品に受け止めて笑いを生んでいました。 彼女たちの大活躍があったからこそ、同じ女流音曲トリオの「フラワーショウ」や「ちゃっきり娘」が後に続くことが出来ましたし、弟子筋に当たる正司敏江さんもかつて「ちゃっかり娘」というトリオを組んでいました。 以前、久しぶりにかしまし娘が揃って漫才を披露した際、歌江さんが冒頭のテーマソングを歌いながら感極まって泣いていたのが思い出されます。 いつまでも気がお若かった歌江さんの御冥福をお祈り致します。

同じ記事に対する他のコメンテーターコメント

コメンテータープロフィール

西条昇

江戸川大学教授 (お笑い論/アイドル論/大衆芸能史)

江戸川大学教授。高校1年で中退後、ジャニーズのオーディションに合格するもダンスについていけず断念。落語家修業、出川哲朗と共に山田洋次監督作品三本出演、コミックバンドを経て「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」で放送作家に。植木等コンサート演出、お笑い事務所経営、お笑い雑誌監修も手掛けたほか、お笑い評論家として活動。お笑い、アイドル、ストリップ、浅草芸能に関する新聞雑誌・ネット記事への執筆・コメント、TVラジオ出演、講演、レジェンド芸人・喜劇人や昭和アイドルへのインタビュー取材も多数。ジャニー喜多川氏の作・演出舞台作品の大半を観劇。著書に「ジャニーズお笑い進化論」「ニッポンの爆笑王100」など。

関連リンク(外部サイト)

西条昇の最近のコメント